塔について III

レス数:450 サイズ:1183.21 KiB 最終更新日:2021-03-27 09:45:10

151  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  それらが何を意味しているのかは分からない。
  
  私は旅支度を整える日が来たと思った。
  
  アサクラにそう告げると彼女は難しい顔をしたが、結局は私の出発を認めることになった。
  
  ただし今回は自分もついていくと言う。




                      _ __ _
                  _,、-ー''´:._,、-:ー`、-、,
                /:.:.:,、-'´:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ:.:.:>'"`:.、
                 ,/:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;':.:.:.:.:/::.i/:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              ∧∨:./:.:.:./:.:.:;':.:.:.:.:∧ヘ/i:.:.i.:.:.:.i:.:.:.ヽ
              ∧:.|!:.:.!:.:.:.:.!:.:.:.!:.:.:.:.:!´`'"´`i:.:.l:.:.:.:l:.:.:.:';'.,
                }:.::.|i:.:.|:.:.:丁≧|trュi:|    |:.:リ:.:.:.|:.:i:.:.!:.i
             {:.:.:.:|:|:.:|:.:.:|:.i:.:.!i:.:.ハ/j    i≦了7./:.:.i:.:!
             lヘ/ヘハ、:|≦斤乍     /廴レリノ//:ハリ
             ,'i:.ヘ(|:.:.:.:.:.:| `弋少     升仆ヘ/:/.:ノ
            ,':i:.:.:.:l|:|:.:.:.:.:|         ゞ少 /ソノ
            ,':.:|:.:.:.:l!:l:.:.:.:.:.l        ′  /:.l::|
            /:.:.:!:.:.:.:.!:l!:.:.:.:!:!、     ´ `   /:.:.|l:l
            /:.:./|:.:.:.:.:!:.i!ヘ:.|i| \      <:.:.//:|
            /:.:/:.:|:.:.:.:.:.:.:i:.:.ヘ   ` ー <|:.リ:|:.:.://i:.|
        < ̄`ヾハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ト、ヽ∨|:.//:.:!.:|
       /´  ヽ : : ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ、_,、-"¨'ーヘ_i:.|/':.:.:.:.':|_
        /     i、: : ::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_,、-"゙ー、,∨:.:.:.:.:.:.:.!i`ト、
     イ       ! ',: : :::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : : :i:.:.:.:.:.:.:.:.:|: i ヘ
     / i       i ',: : ::::ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ: : : : : :|::.:.:.:.:.:.:.:.|:.i ヽ

.

152  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  そのようにして二人の旅は始まった。
  
  馬車を用いた、あてどのない旅である。






                                     山
   ミ、                             屯屮     _,ハVハ
   Уミ、        j州{   _                 屯屮屮  ,ハVハVハV
  УミУミ、     j州州{  \/゛     / ̄ ̄ ̄ ̄\屯屮屮 ハVハVハVハ
 УミУミУミ、   j州州州{  _i{/^  /  _|_|_|_  ハ屮ナハVハVハVハVハ
 i i i i i i i i i i i i 州州州州 ´ ̄|l|‐   |  ]//////,[  |ハVハVハVハVハハVハ
 i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i |  ]//////,[  |ハVハVハVハVハハVハ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄i i i ii|  ]//////,[  |i i i i i i i i i i i i i i
 " " " " ""`     \          i_ |  ]//////,[  |i i i i i i i i i i i i i i
  " " " " " " """    ヽ       | |二ニニニニ二二|⊂⊃ i i i i i i i i i i
 " " " " " " " """             r|_|二ニニニニ二二|_|__|_} i i i i i i i:i:i:i:i
 " " " " " " " """     i:      | ||二ニニニニ二二| |__|ノ  i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
  " " " " " " ""'"            | |==============| |      i:i:i:i:i:i:i:i:
  " " " " " """        ;l|     |_|              |_|       i;i;i;i;i;i;
 " " " " " ""´      /                |     \    i;i;i;i;
 " " " " ""´      /     /           }|       ヽ    i;i
 " " """´      /       /           /         i
 '"´                 /           /            l |



.

153  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  我々は地方の集落を訪ねて回ることにした。
  
  とりわけ軍による征服の遅かった、都から遠いところを中心に回ろうと決めていた。
  
  彼女がいるとしたらそのような暗黒の土地であるに違いないというのが私の考えだった。
  
  しかし私の勘は続けざまに空振りを見せた。
  
  どこに行っても見つかるのは、我々の教えと土着の信仰や慣習がごちゃ混ぜになった奇妙な祭典や因習だけなのだった。
  
  朝は人の影を踏んではならない。 夜に人の背中をじっと見つめてはならない。
  
  祭りの晩餐は焼かないパンを食べ、動物の頭骨を軒先にぶら下げるべし。




."ヾ ;ヾ ;";ヾ"ヾ ;ヾ ;";ヾ"ヾ ;ヾ ;";ヾ;";ヾ" ::ヾ:::;ヾ : ;":ヾ"::ヾ::: ;ヾ゚ : ;"::;ヾィ
.;ヾ ;";ヾヾ ;ヾ ;";ヾヾ ;ヾ ;";ヾヾ ;";ヾ" ::ヾ:::;ヾ :":"::ヾ::゚ ;ヾ : ;::ヾ : ;"::;ヾゞ`
."ヾ ;ヾ ;";ヾ"ヾ ;";ヾ"ヾ ;ヾ ;";ヾ" ::ヾ::: ;ヾ:"::ヾ::: ;ヾ : ;"::;゚:: ;"::;ヾゝ''ヽ,'
"ヾ ;ヾ ;"ヾ ;''`´ヽ´,。''¨´" ::ヾ::: ;ヾ : ;"::;ヾ"::"::ヾ"::;ヾ: ;ヾ : ;"::;ヾヽ,
."ヾ ;ヾ ;";ヾ, '´゚´" ::ヾ::: ;":"::ヾ : ;":;ヾヾ :: ヾ"::ヾ::: ;ヾ : ;;ヾ、_, ,ィヾ´
     / "::ヾ::: ;ヾ"::ヾ:::"::ヾ::: ヾ :;"::ヾ: ;"; ヾ::: ;ヾ : ;"::;ヾゞ、_`´
    ./ "::ヾ::: ;ヾ: ;"::;ヾ"::ヾ::: ;ヾ ;"::;ヾ::;:;ヾ : ;"::;ヾ.,ィ、  ヾ、_,'
   .,.' ":::::ヾ::::ヽ"ヾ":::::ヾ::::: ;ヾ:::: ;"::::;ヾ>'゙´ヽゞ,,'’ゞ''¨´                                      _
  /、 "゚ヾ:::::;:;ヾ::::;"::::;ヾ>'゙´ゞィ、,,'’`ィ、,, ,ィ、               __                       _,,. -‐¬ '"´.:.:.:.:.:.`
  ,' ゞ、":ヾ:;ヾ:,ィ、_.ィ、_〃  : : : : : :  : : : : : : :ヾ、, ,, ,,,      ,ィ-、,,,,.:.:ヽ、  ヽ^ニ- ─ く    >¬-‐'"´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ! ,、ィ、 `^´^゚´  : : : : : : : : : :  ァ=====ォ、 : : : : : : :゚´: : : :´"´: : : : : : :ヾ、,., ,,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;> '´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.,';、.x,,;..ミvゞ、´:: :: ::: :: :: :: ::: : : :: .;ノ________,,'__,ヽ、 : : : :  : : : :  : : : : : :: : : : : :: :: :::.:.:.:,;.:.:':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
w爻爻爻彡v、`゙'<: : : : : : : : : :i咋l㏄i℡!区 ̄!  : : : : : : : : : : : : : :: : : : : : .ィ゚~~~''~''~''~^~~~''~''~''~~~''~''~''~~~''~''~''~~~''~''~'
爻ミミ爻炎彡ミx゙'<;`゙'<, 三三三三ww三三三w三三三三三三三三三二ニニ≡=‐ィ、ィ、wwwwwwwwwwwwwwwwww
゙'爻ゞ炎炎彡ミメ  `゙'<;;`゚゙'<ミミミ三三三三三三三ミミ三三三三二ニニ≡=‐三三三三三三三三三三三三三三三三三三
爻ミミ森ミ爻 彡ミx    `゙'<;:;`゙'< ,ィ,w、、,.,.ニニ≡=‐'''''''゙゚゚゚゚ !爻爻爻爻爻‐=≡ニニ二三三三三三三三三三三三三
゙'爻ゞ炎 炎 彡ミメ       `゙'<ァ'´ : : : : : : : :.、.,.,.,      ォwwwwwwwwwww、,,,,,,
w炎 爻忝'>'゙´` ww       ゝ、 : : : : : : : : : : : : :::、,..,,..,,.,.              ~~~~~'''''''''''' ゙'<wwwwww、 , , , ,, ,
 ;;;;..... .;;;;..   ;;;;.;;;;...  ww     ,、`゙'<__ : : : : : : : : : : : : : :ヽ、,.,.,.
;;;;.....   ;;;;.;;;;.....  ;;;;.;;;;.....   __ /ヽゝ 〈无〉`゙'<、__ : : : : : : : : : : ::.`ヽ、,.,.
 ww ww www       〈尤〉 ,.ィ   {ツ/ア ,、、 `゙'<、_ _ : : : : : : : :: :`ヽ,.
  ;;;;.;;;;....     ,ィ''ヽ ,ィ‐、  l/∠i' }   {/´  kソィ、     `゙'‐- -、__ : : : :.ゝ
 ;;;;.;;;;.... www  ィ¨_`メヽ、,! /´  ヾ!   /   |/〈kソ   ;;;;.;;;;.....   ::::    `゙'<ヾ
          ´   ゚。 /⌒ヾ〉  、__'〈丿 //´ ;;;;.;;;;.....   ;;;;.;;;;.....ww   www`゙'<
;;;;.;;;;....             ∨       >、 `ト,、/⌒ヾ〉  ;;;;.;;;;.....        ww       `゙'<

154  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  女の影はどこにも見当たらない。
  
  しかしそういう土地でも死体の回収だけは厳密に守られていた。
  
  寺院に務める神官たちは抜け目なく人口を管理し、死者の気配を緻密に感じ取った。
  
  彼らは医術に長け村人たちを治療して回ったが、同時にそれは弱った者の死の匂いを察知するための哨戒行為でもあった。
  
  街道は整備され、寺院には馬と馬車とが常備された。
  
  腐敗を防ぐ回露草は備蓄され、支障なく遺体を運搬するための術が確立されていた。



                      _|_
                       |
                      _|_
                         / .∧
                         !:|_||_|
                   ノ!_|r.、 弋
                      || / ̄ヘ ̄:!__
                 __/_/仝__∧__\ ∧
              , < ,,__===tァ=====\ト.、
                !j,≦エ|_|_|エエエ|_|_|エエエi二二二二二二!
                 |エエエ|_|_|エエエ|_|_lエエエ.!|__|__|!エエエエ|
  _              |エエエエエエエエエエエエ!|__|__|!エエエエ|
_|エ|               |エエエエエエエエエエエエ!工工!エエエエ|
三三\           |エエエ|__|__|エエエ|__|__|エエ!王王|エエエエ|
三三三\         |エエエ|__|__|エエエ|__|__|エエ!o | o.!_!_エエエ!
二二二<         lエエエエエエエエエエエエ|/\j_jrエエエ|-- 、 _
: : || : : ||三!.         |エエエエエエエエエエエエ!0 t 0|_|_エエエ| ̄ ̄| |― 、_ ___ __
:_:_||_:_:_||三!__.      |エエエエエエエエエエエエ!====|_|_エエエ|__|_| ̄ ̄| 三\ニニニ∧∧
工工工工工工|.      |エエエエエエエエエエエエ! r== |_|_エエエ| 田 | \| ̄ ̄i ̄| ̄ ̄.| | |
工| ̄|工| ̄|工|:      |エ.ィ: : ,O i爻i>、  エエエ| j: : : | |]エエエ|    |   |    l  |    :| | |
工|_|工|_|工l,、,、,、,、,、,.ィ爻i: :人弋 :爻i爻i 三三{}王}:_:_:_{王{}三三|幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵幵
工工工工工工|l爻i爻i爻i爻i|三≧, }爻>'’ '''' ,,,, ,:′  ', ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, ''''
i爻i爻i爻i爻i爻i爻i爻>'´ ; ':l三三l_!  ,,,, '''' ,,,, ,:′    ', ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, ''''
 ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,, ,:′      ', ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, ''''
 ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, ''''  ,:′         ', ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, ''''
 ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,  '''' .,:′           ', ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, '''' ,,,, ''''

.

155  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「どうして我々は遺体を一か所に集めるのかしら?」
  
  私は幾度となく考えてきた疑問をアサクラにぶつけてみた。
  
  アサクラは答えて言った。
  
  「レミリア様。 それは全ての人間の母であるあなたの子宮へと魂を返すためです。
  
  彼らはあなたの中で造り直され、俗世の穢れをすべて払われて、
  
  綺麗な姿として地上の肉体を持った女の子宮へと産まれ直すのです」
  
  それは幼い頃から繰り返し教えられてきた答えだった。



                      ,-、ィ: : : :,、: : , -、: :> 、
                       /: : : ヽ: /: :.∨: : :V: : : : \_
                   ,イ: : : : : : /: : : : : ',: : : ∨: : : : : : :i、
                    /: : : : : : : _: : : : : : : : :',: : : : \: : : : : : i_
               /: : : : : : : : /:.ヽイ:ハ: : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : ヘ
                  ///: :/:/:./: :./``v'´゙-!:.i: : : : : : : : : : :ハ: :/: :./i
              //:.i: :7:7: :{: : i       |: i: j: |: :.|: ',: : i: ',: ∨: ://j
                {:' !:i: :.!:.|: :ィテ}ヽ    j: /--j、; |: :|: : i: :|: :.|: : : :イ
             ヘ! V!: |: i、: i,,zミ、   /:/:/: />、ヾ:j: :/: :i: : i: : :./ム
               ヾレヽV〈 {゚::::l`  ムイ=Zミ、:/:`: /:i: j: :/: : /i:.ハ
                  l: :j: | 乂7     {゚::::::j.i!./イ: //j:イ: /:i |: :.l
                 j: : |: i        廴ン ´.′:イ': ///:,': : !: :.i
                  l:j: :i从   ′       /: : : : /: : :/: ': : :.|: :.|
                  |:i: :',:i: ヽ  ` --       ': : : : /: : : : :/: :.i: |:.i: !
                 i:|',: :|: : : \     . イ: : : :イ: : : : :/: : : Vi:.i:7
                    ヾV:!: : : : : 汀::::´:::::::/: : : イ: : : : : :': :i: : : :',!i,′
                    /,イ\: : /-ノ-::::::/: .イ: : : ://: : i',: :',: ',j
                /イ: : : : く  '′ 厶イ: : : : :/∠: : : :|:|:',: :',: ',
                /: : : : :/ィ=、 -‐‐/: : : :/:/: : \: j: |:.',: :i: :l
                ,′: : :./-‐ニヽ:.ヽ./: : : : :/イ: : >-‐ニヘ:i: :',: :l: |
                 ,′: : :./: : : : :ヽ∨: : : : : : /. イ::>:':´: :_:_ヘ: :',: |: !
                 j: i: : :j:7: : : : : : //: : : : : :./>'´: >'´    ヘ: i |: |
               /.|,イ: : i:i: : : : : : //: : : : : 〃: : ,イ_,.       }: : i: |

156  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  だが、実際には? 遺体を民衆の手から奪うのは霊的な意味だけではない。
  
  地上における意味も確実にあるはずだった。
  
  「私は思うのだけど」
  
  アサクラに誤解されたくないと思い、私は慎重に言葉を選んで自分の考えを述べた。
  
  人々は自分の生まれ故郷に葬られたいと心の底では願っている。
  
  我々はそのような心の在り方を上書きしようと試みる。 私こそが真の母であり、人々の安らかに眠れる場所なのだ、と。
  
  それも物理的に遺体を運搬することによってだ。



..___       ___ ,   ´  ̄  `ヽ
{:::::::::::::::::::::::::\  r'                 、
..\:::::::::::::::::::::::::::Y                  \
..┌\::::::::::::::::::::::|                      \
. |::::::::\::::::::::::::::ゝ_ _ _ _              \
. \:::::::::ゝ:::::::/`Y )}´ )}´ \ \ _             `.
   >/ー=彡    ¨  ¨   `ー f⌒i          |
..._/:::/   、    /            └ 、          |
..::::::: /__   ̄/       ノ !     ノL_       |
...:::::://_/   ノ   ,.イi   /  |___|    `ー 、ゝ-     八
 :::::::::::`ー/     /斥{ / ,作竹´i        |       ヽ
 ..::::::::::/ i/   /イ汐    込夕彡       └マ   _/
.    ..ー=彡      |  ,      ノ         i`ー一′
      ノ/i  /八  _ _ ー=彡    ノ /ヽ   `ヽ_
         /  {  \ `  /  _ 彡/ ノ   斥ー ´
             | |!  ー フ  ̄  /- 、/!/
           ヽj!//ヽー  イ´    ` 、
               / r‐ 、.   |.          ` ┐
                / λ:::ノ  /          |
               ./ /こi二 /  人.        |_\__
              / こ キコ/  /  }    f'´丶 ムY::::::::::::::::|
              .{  ヽコき/    /└──{   /   \::::::::::: |
            \__ヾ´             Y_ム、     ` 、::::::|
                .Y              i}:::::::::::::\    ` 、
                人            |::::::::::::::::::::` 、    |  ̄_ヽ
                  ヽ            人:::::::::::::::::::::::::::::::ー/丶/   ム_
                 }三三三三三三三〉、:::::::::::::::::::::::::::{ L  |  /   \

157  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  その結果、彼らには国の中央である都と心理的な繋がりが生まれる。
  
  なぜなら影の谷は地理的に都に近いからだ。
  
  それは税を納めさせることや国の言語的な統一を図る上で婉曲的に、だが確実に効果的に働く。
  
  心の深いところで働くものほど人の行動に影響を及ぼすものはないためだ。
  
  その結果彼らには国への帰属心や隷属心というものが生まれ、経済的な交流も活発になっていく。
  
  寺院の者たちとの関わり合いや葬儀を通じて、遠く離れている者とも意思疎通が可能なのだという認識を

  彼らは心に植えられているのだ。




                             |>
        ,. -.、                    γヽ  l>               -.、
        /':':':':':`.、                    にiコ,、∧             /':':':':':ヽ、‐-.、
    _ノ':':':':':':':':':':': ー、             A l/ヽrヘ!lll_   _    _,...-‐':':':':':':':':':':':':':':':':':
  ..:'´':':':':':':':':':':':':'_,. -‐:.'´`ヽ   _     ...、iY´`ニlllヽ^i Yl ':':':ヽー:.'':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':':
-‐'':':':':':':':':':':':':':':':´':':':':':':':':':':':゙゙ー':':':.`   |:!:::、\}l:Π::ー'r-ヘ,、   `
________________ i:::/:::::、:::::ヽ::::::::::lニl=|_____________________
.二二二二二二二二二二二二二二二 〈二〈ニニニl」ー-'ニニニニl二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
TュTヒ‐_‐_‐_辷TT‐_‐_‐_‐_辷辷‐_‐_‐_[] i:::::/:::::::::il:::::: ̄:::i!:::i:::l:::|.-_-_-_TT‐_‐_..|¨:|]ロ叩卩‐_‐_‐_TT‐_‐_ ‐_‐_三三三
TニTT_|_|__|ニTTニTニT ̄;';';';';';';';';';';';';';';/:::/::ィ::::::i::::::::::::::::::l:::::、::i::|_.ニ冂TTT「|TT| |‐TTニ「|T「「丁TTニTTニT_‐_‐_‐_匚]
;';';'匚]TTT]匚];';';';';';';';';';';';';';';'.▲__ ∧==〈〈;;l:::/:::γヽ::(;;''):::〈::|-、ヽ..TTニTTTニTTTTニTTニTTニTTニT_‐LTTニTTTニ
;';';';'_二二二_二;';';';'rГГ../l    l\_ll二 '''ー| 「ニニニニニニl^l-' iT丁|丁TニTTTニTTニTTTTニ「」ニ_‐LTTニTニTTT
「「_|二丁丁 ̄|_|ニ「」. ▲lヘニヽ  :\ll ヘニヽ||_.| ヘニヽ,-、,-、l :l  l\▲_..「| ̄|゙丁ニTニTニT丁丁ニ|ュL冂丁丁二TT
ГュL「「丁T_|¨~¨~:|| ||ニ../ll\ー' ヘニヽヘニヽ ヘニヽヘニヽ' ヘニヽ ヘニヽ /i _ ヽ ‐L」二冂ニTニ| ̄l丁|ュL冂丁丁|_|丁
冂‐ュL「丁T⊥_ ::|冂./ /||  \▲ー'  ー'  ▲‐'  ー'   ▲ __ ▲' /  ヽ \.|ニL| 冂TニTニiュL冂丁丁TT丁丁
ニLニュL二ii|¨¨¨ | |.//:.:.\   i l ̄ ̄ ̄ ̄l l ̄ ̄ ̄ ̄l l   .l i/   // /l、.‐「冂丁丁TニュL冂丁TTГ|丁ニュ
⊥|‐Г|iュL」|::::::::..,< 〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ソ/ヽ二ヽ――l__!――――l__!―‐ l__! /二/ヽ.//::::ヽ  丁TTニュ「「丁TГ冂「|丁‐ュГ
┌「「丁ニiュ| ̄|. r〉 \ニニニニニニ |__|_::l_____く二二ゝ_____| ̄O| /::::::::::: ー- 、..ニTニTニTュ「丁TニTニュ「丁
「丁|ニTT.,. -‐':::::\二二二二二|  :|:l二二二二二|  :|:l二二二二二iー‐i::::::::ヽ:::::::::::::.L冂丁丁「」丁Tニ「|丁ニ| ̄|ニ
._,. -‐'' ~::::::::::_,.-‐'::::::::/:::::::::::::::/::|  :|ノ::::::ノ::::::::::::: : |  :|ソ::::::::i::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::ー-、:::::.T丁|ニTニ丁ニTニTニュ 「ニTニ┘
.:::::::::::::::::_,.-‐'::::::::::::::/:::::::::::::::::l:::: ー‐':::::::::i::::::::::::::::::::ー‐':::::::::::::l::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::\ 二TニTニTニLL冂ニ|¨|二|┘
.:::::_,.-‐':::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::ノ::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::::::| ̄|丁TT|¨:|ニ|_,|ニ|..,| |┘L
「 ̄「| 「ニ/\〉  `TニニTニ|\ニ| ̄|ニLL|ュ|_「丁T_| ̄|ニTTiュ「冂Tニ「「TT」ニT|丁| | |  |丁TT| |ニ|__|ニ|┘Lニ
TニTニL_└┘_ 「「丁T|ヽ___\|_| |_|~| |ニ|_|」ュ「丁T| ̄kニ|二|Ti|ニ|ニTT「「「|ニL‐ニTニTニTT|「丁_|_l丁LニT∟|_l「:|丁
丁丁二LLi||三|ニ| |丁|ニ||: |  .:|_Lニ|i, L|_|ニ|`|\\「丁T|_|二L冂丁LTニ「 ̄L|ニ|__|⊥ニLニLニ|i, |ヽ \__|ニ|ニLL|_| |_
ニTニ|_|_L|‐:||  |ニ|_|⊥|ニ|i,|  |‐Lニ|i,└「冂|::「゙|¨:|ュ「TT「冂丁ニ┐Γ冂三LL|ニ| |-=| ̄|¨|丁|i, | ̄|`i¨冂¨|┐Г
丁「「|:|  | ||─|口F[]二「|i,|「「|¨|i,└「「|i,└「冂└| 冂ュ「T「|丁|ニ|‐┐「丁|丁|‐| ̄| ̄|_|_|‐L「T|i, | ̄|-冂T|ニF| ̄|

.

158  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  私がそこまで述べると、アサクラは神妙な顔をして黙ってしまった。
  
  間を置いてから彼女は言った。
  
  「その通りです。 あなたはよくご存知でいらっしゃる、“母” よ。
  
  しかしそれを私以外の者に対して口に出してはいけません。
  
  我々は地上のことに関わる必要などないのです。 それは国中に建てられた寺院の者たちが代わりにやってくれます。
  
  ですからあなたは霊的なことだけに集中していただければ良いと、私は思っております」
  
  私はアサクラに分かっていると伝えた。 気軽にこのことを口に出したりはしない。
  
  特にこの前面会した若い神官のような者の前では。




                ヽ:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.マ¨¨ ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.\
              r~^ミ、:.:.ハ:.:.:.:.:.:.:ヽ==ヽ ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V .) .}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
              |:.:.:.:.:.:.:.:./ ゚。:.:.〃:|:x=示7 ゚:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              .}:.:.:.:.:.:.:.:l   Vイ:.:.代ぅ::::ハ.  ゚:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
               !:.:.:.:.:. 八   }人/   らノ  }:.:.:.:.:.:.:.:.:八:.:.::.ィ>-- ミ:.:.:.:.:.:.:.:.\
               ゚、:.:.:.:.:.:.:ヽz"         |:.:.:.:.:.:.:./:.:. /〃     \:.:.:.:.:.
               ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.マ、辺:x       |:.:.:.:.:.:/|:./ /         ヽ:.:.:.
                 \:.:.:.:.:.:.:.:⌒マ      .ハ:.:.:.:/ / /          マ:
                  \へ:.:.:.:.:.:.\ くワ   .|/ /,/               マ
                       ーr―:.:>  ._    /イ' /
                         |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.7チ:.:./ /
                         |入:.:.:.:.:.___/_:.:.:.:.:}/
                          ヽ:/-―‐/:.:.:.:./
                          /-―¬;:.:.:.:/イ              ′
                          .′  /:.:.:./               ′
                         .′  ./:.:.:, '                ′
                        ./!   /:.: '                /
                       / .|  ムイ                ./    .'
                      ./  |  /                 ./    /:.
                      l  .| /                  /    /:.:.
                      ハ ./                   /    /:.:.:.:
.

159  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::,;;,

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;;:,,,.,:;;:;.:;:..:;;:;:.::,,::...,.. . ..
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,;,;;;;;;;;;;;;;;:;:;,,;,:;;:;;:;::;.;.,,:;;:.:,..;:;.,.::....,..::..:.     ..

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;;:;:;:.;:;:.,::;:.;.;:.;:;,,.:;:,,.. :.;..



;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:.:;:;,,:.;:,,::;:;,,:,:,::..,. ..

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;::,.;;:;:,.;;:;::....,,.,.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;,;:.:;;:;:.::.,,.
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;;:,:.:;:.::,,..,,,...,

;;;;;;;;;;;;;;;;,;:.,:;.,.;:.:;,:;.. ..,,. .. .
;;:;;:.,;:,.:,.:.,,..,.,...:.,.:






        ┏━━━━━━━━━┓
        ┃     ・・・・・・。   .┃
        ┗━━━━━━━━━┛




.

160  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  放浪は三ヵ月続いた。
  
  もはやこれ以上の捜索は無意味だと思います、とアサクラは私に告げた。
  
  確かに、あまり長い間神殿を離れる訳にはいかない。
  
  あと一つだけ村を訪ねてみましょう、と私はアサクラに返した。
  
  それを最後にして我々は神殿に帰る、と。
  
  アサクラは了承し、国のほとんど最果てと言ってもいい場所を目指して我々は馬車を駆った。





        , -- ‐--、ー -‐――――‐ ー‐ ‐‐ ─- -- 、
       , ′      ヽ     `ヽ   `ヽ   `ヽ    \
      /  , '^  ̄`ヽ、  ヽ       ',     ',     ',     }
      |   i : : : : : : : i    |     :l      :l      :l      |
      |   l : : : : : : : l    |      :l      :l      :l     |
.       |   l : : : : : : :.!   .|      :l      :l      :l     |
.      |   l : : : : : : :l    |      :l      :l     :l      |
      |   l : : : : : : l   .|      :l     :l     :l     |
.      l.  l : : : : : : l   |     :l     :l.     :l      |                 〈_〈 i、
       l.   、: : : :: ノ   l____:!___:!.___:!___!     ___ __ _    _、シ从ヾ、
        , l_..,, -ー==ー- ,,. __,!_______________| ̄,ゝ   _  ̄_,,シ:'「ヽヽ. ヽヽ
     //:|==‐-- ===l〃,二ニヽ -------------------// //⌒  ̄「|    |.|_ へ.__)
.    .i l ├‐-――--- //、 |l//ゞ、 ______/二ヲ〈,> / イ{   ノ  |,|(   U
    .i l`、|__ _  ___ i l`、`!//! i_____//ヾ、|レ,ヽヽ´ニニニニニ0ニニニコ /
    .li-‐ヲト'、ー「|  ̄ .   i├--( )-‐l | l iー‐l|、- !| .| L__( )-‐l |  :/  | |   :/ } j{
    . !v  |lヽ//     | レ 'l|\シ/  v'´_|l ヽノ i !, フ「iヾ.ン,!i  :/   ヒ}  :/  《_,/
     ゝ、i_l.シ       .ヾ.' _lレ .ノ   ゝ_i_!,シ  ゝ '、!L_,ン
                  `ー- '           `ー‐'

.

161  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  たどり着いた場所は見渡す限り草原の続く辺境で、近場の寺院からも離れていた。
  
  言い換えれば我々の監視の目が届きにくい土地な訳だ。
  
  そこにあった村は人口は五百ばかりで、人々は牧畜と農業を営んで細々と暮らしていた。
  
  我々は滅多にない都からの客という事で村から歓待を受けた。
  
  朝から数多くの家畜が屠られ、料理された肉がずらりと卓に並び、村人中に囲まれて宴が開かれた。



      . . . : . .         . . .                . . . : : : : .:.:;.:;.:;.:.:: : : : : .:.:;.:;.:;.:;.:;.:;.: : : : : . . . .         . : . . .
 . . . : : : : : : : : : : . . . . . . . . . . . . . : : : . _        _,.. '"´´´`"''ー-  . . . : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : . .       _,,..  ..,,_
         . . : : .:.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:.:.:.: : : . . .´" ' ' ' ' ' ' "´       . : :     . : '"⌒''   .,        . . : :.,. '"´      ´"
: : . .       . :r~~~_フ⌒.:.:.:.:.: : . . .       _,,.. . . : : ' ´     . : ' ´       ´'  _  . . : : :,. ' ゛          __
.:.:.: : : . . . . : : .:;.:;.:;).:.:i'´ ̄.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:; .: : : . .-‐ ''"´: : : . . . . .   . : ' ´  . . .          ´ ' ' ' ` _,,...   ..,,_  . : :, '"´
:;:;:;:;:;:;:;:-‐~''"⌒´.:.:.:`''~~~~~冖つ;:;:;:;:.::.::.::.::.::: : : : : : : . .  __    . . : : : : : . . . . .     . . : : '"´.:.:.:.:.: : : : .`"""´:...、、: : : :
"""´゛.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ''´  _,. -ー  ''"´´"' ' ' "´´    ー- - --‐ ' "´ ´⌒"""´ . . . : : : : ; ; : .:.:.:.: : : : : . . .  `` `
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:, ''"~~´      . . . .             . . . : : : : .:.:.:;.:;:;: : : :.:.:;.:;.:;.:;.:;.:;_:_: : : : : . . .      . .
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__ノ'´     . . : : : : :.:.:;.:;.:;.:;.: : : . . .      . . : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : .   -‐  '"´......:.:;.:;.:.:;.:; : . .   . . : : :
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒つ´  . . . . . .:.:.:;.:;.::;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;:;:.:;.:; .: .: : : . .       . . . : : : : . . . .    ""~~"'': : : .:.:;.:;.:;.:;.:;.:
-‐~~~ー-  __.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:⌒''~~冖¬ーー‐‐‐~………~~ー‐__二ニ=--‐‐. . . : : : : : : _,,..    ..,,,__    . . : : .:.:.:;:.:;.:;.: : : :
. . . : : : : : : : . . .  ´´"'  ._.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::._,,.. -‐ '' "´ ̄ ̄     ⌒''__ニ=-‐ '' "´:;:;: : : . . . .  ´^^''    _. : : .:.:.: : : : :
 ̄´´~~゚"''~ー-:、、     ´´´""""´´´´´´´ ̄ . . . : . . .         -‐ '" ´ : : : : :;:;:;: : :ー--_:_:_:_: : : . . .     ' '""~~^^^´
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ニ=-  _    . . . . : : : : : : : : : : .:.:.:.:.: : : : : . .  . . .: : :.:.:.:.:;.:.:;.:.:; ;_:_:_:_: -‐: :'"´        . . : : :.:.:.:.:.:;:;: : : .:;
: : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``~、、____    . : : .:.:.: : .  ' ' ' ' ' ' ' """´´´ : : : : :: : : . . . .      . : : : .:.:.:.:.:.:;:;:;:;:.:.:.:.:;:;:.:
: : : : : : : _:_:_:_:: : : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄´´""'''ーー--、、...,.___                     _,,.、-‐─ー-、__
: : :_、‐''゛:/: : :`丶、_.:.:.:.:.:.: : : : :,.-ァ'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄>。,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ´´ """"""""""""""~~~~~ ̄:::..     . . : :_二ニ=-
'"´:;.:,:;.:,/.:.:.:.:.:_、‐''゛\__,,.、丶´:;.:,:;{: : : : : : : . . .   、ヽ\`丶、.:.:.:.:.:.:__  -‐…‥‥-、,.-─- _::::::::::::::|::::::  _,,.. -‐ '' "´:;.:,:;.:,:;.:,
:;.:,.::.::.::.::._、‐''゛;:;:;:;:_、‐''゛;:;:;:;:;:;:;:;::;.:,:\: : : : . . .    . : : .    ~゚"''    _::::::;:;:;:;:;:;:;://;:;:;: .:.:.:.:.:>''~ ̄~~''<:::::::::::::::::;.:,:;.:,:;.:,:;.:,:;.:,
_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_、‐''゛;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_‐  ̄: : : : : . . .   . : : : : . .     . . : : :`丶、::;;:;:〈.:.:.:\;:;:;x<_______>x_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:
: : : : : : : : : . .  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄```````` ¨¨ ¨¨¨¨¨¨   """  ''''   ‥‥---{_{_{__}__|:::::|_}- - - - - - -
: : : . . . .     _ _/"~ ̄ ̄\ ---‐‐‐……‥‥‥‥ ‥  ' ' ' ' ' '   "  ´´´´´´ノ__ノ  {    }   |:::::|_}´´´´´´´´゛゛゛゛
´´´´´´´´´´´´  ./::::{:::::::::{:::::{ハ , , .,. . , . .,. . ; ; : ; : : : ; : ; : : : ; : : : : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; :  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : : ; : ; : ; : ; : ; : ;
: : ; : ; : .:.:;.:.:;.: :; : :_」:::Л:|─ヘ:::j:i:|.:.:;.:.:;.:.:.:;.:.:;.:.:;.:.:; : ; : ; ; ; : ; : ; : ; : ; : ; : ; : : : : : : : : ; : ; ; : : : : : : ; : ; : ; : ; ; : ; : ; : ; : : ; : ; : ; : ; : ;
: : ; : : ; ; : : : ; : : : `i:::} :|:|: ; ://|:::|.:.:;.:.:;.:.:;.:.: ; ; : : : ; : ; : : : : , , , , ; : ; : ; : ; : : : : : : : : : ; : ; .:.:;.:.:;:;.:,:;.:,:;.:,:;.:, : ; : ; : ; : ; : : ; : ; : ; : : : :
: : : . . . : . : . : ; ; : :└' |」 〈/|」┘: ; : ; : . . : . : :;';';' : : , : ; ; : : : : : , ; : ; : ; : : : ; ; ; : : : ; : ; : : : , , : : : ; : ; : : : : : : ; : ; : ; : ; : : : ; ; : ;
: : : : ; : ; :;';';';';';';';';';'゙;'゙;'゙;':゙:゙:゙:゙:゙:゙: : : : : : ;';';';' ; : ; ; ; ; : ; : ; : : ; : ;;';';';' : : : ; : ;';';';':;.:,:;.:,:;.:, : : : ::;.:,:;.:, : : ; : ; ::;.:,:;.:,:;.:, : : : : ; : ; : ; : ; : ; : ;
: : : ; : ; : ; : : ; : ;';' : : . , . : ; ;';';' : : : ;';';';':;.:, : ; ; ;';';ヾ;:ミ:゙;゙;゙; ; ; ;';';'.:;'.:;';';';' ; : ; ; : ;';'゙;'゙;'゙;'゙;'゙;'゙;':;.:,:;.:, : : : ; ; : : , . . . , ; ; ; .:.:.:.:.:.: : : ; ; ; ;';';'
: : ;'.::゙;゙.:;';';"; : ; : ;;';'viviv,、,、:;.:,ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:゙;゙;゙;: : ゙;'゙;'゙;'j'j'viviviぃ; ; ; : : ; : ; ::; : ;vivヾ;:ミ:゙;゙;゙;゙;'゙;'゙;'゙;'゙;'゙;':;.:,:;.:, ; ; : ; : ; : ; ;゙;'゙;'゙;'゙;'゙;'゙;'j'j'j'j'viv

162  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  楽しい時間を過ごし、宴が終わって真夜中になると、我々は松明を掲げて村の周りを捜索した。
  
  魔女や呪術師のたぐいをこの村は囲っていないかと疑っていたのである。
  
  もしも彼らがそうした人間と結びついているのであれば、その棲み処は必ず村から外れた所にあるはずだった。
  
  日常の世界に住む者から畏れられるからこそ、そうした存在は力を持ちうるのである。
  
  両腕のない女がいるとすれば、きっとそうした地位に就いているはずだというのが私の考えだった。





                  .
               。  ,                                                     /
                .  .:                                                   /
             ゙.::. .:.,゜ °                                                /
             ,"勹:;.゚, .: .                                               /
           ・《 ‘_,):;;:゙.:. .                                         _,
             ‘:,,う:;;;;.Y´心 i:.                                     _,.-''´
        )、 .つ:;:;:;;;:.爻;;り:. .                                  /                /
        ヘー- ⌒ヽ:. .:;:;;;匸.:.:. .                                   /               ∠,,,..
       )し}:;;;;;::::爻;;;;:;::;:;;;茫_,;;.;.                                    /    ヾ,.---‐‐''' ̄ ̄ ̄´
       ⌒ヽ:;:..:;;;:. .:.:.::;;. ゙゙:;:;;;;:;{                            _ ,,, ... --‐‐ '"/   ,/
       .:. .;;::.:..:': :;;;:;:;. .:;;;:. .:;;;:.:.            _ ,,,, ... -- ‐‐ '' " ̄        .∧   ,ノ     ___,,, ... --ー ''
       ゙.:.:;;:..:;;:. :::.  ..:'゙゙':;;:;;;;:;:.;;; .. ... -- r‐ '' " ̄                      _,,.. { ヾ-゛-;r==:r''"Y´_ノ´
        .:.:;;;;;:;:.:. .      '゙..:;:;::' '゙ |  | |               ___ ,,, ... -- ― ''' " ̄   i! ,ノ{  }{  人   )
        ´":;;;,.: .:."     .:;:;;;;::゙  |  | |_ ,,, ... -- ‐‐ '' "                ` ヽ ,八 _)   ̄
          ゙:;:;;j;j;;:. _,....;;;:;:;ゾ ‐‐ ''' " ̄                              ̄
           ゙゙¶※':':''“゙゙`

.

163  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  だが怪しい家は見つからない。 身を隠すのに適した森や林も村の周りには見当たらなかった。
  
  諦めて我々は眠りについた。
  
  さて、翌日の早朝のことである。 外に出ると、そこら中に霧が立ち込めていた。
  
  不意にその白い靄の中から、成人した男よりも背の高い影が姿を現したので、はっとしてよく見てみると、
  
  それは頭に大きな壺を乗せて運ぶ一人の女だった。
  
  その女がバランスを取りながら歩き去るのを見て、どうやら水をあの壺に入れて運んでいるらしいということに私は気がついた。



: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: : : : : :':⌒ : :: : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r:::::::::::~::::::⌒
: : :':⌒ : : : : :':⌒ : : : : : : . . . ':::::::::::::::::::r   ,,,,,,
: : : : : : : : : : : : : : :  : : : : ⌒):::: ノ     :;;;;;;;;;;:
 : : : : : . .: : : : : : . .: : : :,.~ '~.         ;;;;;;;;,
 : :  . . : ~'~: :  . . : ~'~ソ: :,. y'"    ,,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,                          ::: : : :~へ: :
     y. : : : : : :):y'"~)                 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,                 ノ::⌒:::~':" : .  y: ⌒ :
.    : : : : : : : : : : :⌒ソ:::::::::::::::::::::r.         ,;;;;;;'';;;;;;;;;;;;;;;;;;'';;;;;;,                     :::::::::::::::::::::,:' :~ { :
.     : : : : : :::.::  ,,..': :y'"´:ノ:::::'"        ;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;. '';;;;;,                  :~''”~: ..、. . : : : : : :
: : : : : : : : : : :,, '": : : : :.              ;;;;;:' ,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. ';;;;;                ⌒: : . . {,,... : : . :
: : : : : : : : : : : 、.              ,;;;;;, .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;:;;;,  :-、:: ,.'⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : :
: : :':⌒ : : : : : : . . . ':.             '':;,゙ .;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;  '"  '": : : . . .: : :.:"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : :
: : : : : : : :  : : : : ⌒                ;;;;;;;;;;:;;;;;;;;;;  ,:~へ: :ノ ゙⌒: : . . {,... : : . :.. .⌒ :~':" : .  y: ⌒.:
 : : : : : . .: : : :,.~ '~                 ';;;;;;;;;.';;;;;;;' :" : .  y: : : : .y'" . ..,). . : : : ~ ::::::::::,:' :~ { :
: :  . . : ~'~ソ: :,. y'                     ;;;;;;;;.;:;;;;;;; ,:' :~ { : . : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . ''”~: ..、. . : : : : : :
     y. : : : : : :):y'"~)                  .:~'; :~''”~: ..、. . : : : : : : . .. :ノ ⌒: : .:ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . :  :
.     : : : : : : : : : : :⌒ソ      ,. : -ー'"~"'"⌒ . ... :ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : ⌒: : : .y'"⌒: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : :
.     : : : : : :::.::  ,,..': :y'"~~  :-、:: . ⌒: : . .,,. - ⌒: : : .y'" . ..,). . : : : ~ : :  ... : : : ::: :):. : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : :
: : : : : : : : : : :,, '": : : : : :'": : : . . .: : :~"'y'´. . ... : : : ::: :): : . .r'"~: .: : . . : : : : :ノ ⌒: : .:ノ ⌒: : . . {,,... : : . :.. . . : :

164  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  私は宿に戻り再び寝床の上に転がった。
  
  ここも空振りに終わったなと思い、諦めた私は、色んなことに気ままに思いを巡らした。
  
  帰ればきっとまた死刑囚が牢獄に入れられていることだろう。
  
  そいつを民衆の前で切り刻み、再び谷へと捨てる。
  
  それもまた一仕事だ。
  
  神殿に戻ることにはそろそろ冬だな。 寒いのは嫌だな。
  
  しかし冬にだけ食べられる野菜というのもあるから、それも悪くないかもしれない。



..: .:::..       .. . :. .::...  ..: .:::..     ... :.      .::::::     ::....        .::::....  . ...          ... .
.:         ... :.    .::::   :: ::.... .:::  :..... ...      :::..    ... ..   ..::::       .  ... :. .   :::::: ::....
..: .:::..       .. . :. .::.. . (_@==@=@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@(◎).::::. ... :. .  :::::: ::.... .:
...  . ...        ... . ::..:.. ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ, ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ ノ ̄ノ ̄ノ  ̄ノ  \ゝ_....::::.        ... :
  .. :.      :.. ...::: ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄:::.. ... . . ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ 二  \ゝ_..::::. ... :. .  :::::: ::...
:::::     .... .::::....  .ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ   ───  \ゝ..        ... :. .
        ..:::.   @==@==@==.┌┬┐==@==@==@==@==@==@| | ̄|==@=='           `i〉  .   :
 ...:::::... ...: :..  .. .::::..... ...  I _i  I|::││ __ . ||  __   |l  | |  |    |      .. ....::::. ... :. .  :::::: ::.... .:
  .   ..  .   .  . |   I__i_I|::││ [ I I I I] || [ I I I I ] . |l  | |  .... ...:.: ... .. .  :.. ... .   ...:i::::... ...: :..  .. .::::...
             |        |::││  ̄ ̄ . ||    ̄ ̄  |l  | |  |    |            |
.:: :..    ... ....::::. ... :. ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ. |_|_| ̄ノ ̄ノ            . . .  .  .
          ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ ̄ノ |         ... .  ..|.:::::... ...: :..  .. .::::...
...       .. .. .@==@=@==@==@==@==@==@==@==@==@==@==@===@=' .|            |
           |i l|二二二二|i l|\__________\ |i l|     :|   _____   :| .. .. . .    ....
  ::    ::.... .::::....  .... ̄ ゙̄l:|i l|l i | |l_ll_ll_ll||||  ゛ | l || |i l|     :|   || ̄|| ̄|| ̄||  :|
 . .     . .   |i l||      l:|i l|l i | |l_ll_ll_ll|||  |   i|l || |i l|     :|   ||_||_||_||  :|. .    .   .  .
           |i l||      l:|i l|l i | |l_ll_ll_ll||| |  |i  l || |i l|     :|   | |   ̄ ̄| |  :|
           |i l||      l:|i l|l i | |l_ll_ll_ll|||i | | ii  l|| |i l|   ___ ::|   | |      | |  :|
           |i l|l、__,、_,,,,l;|i l|l i | |l_ll_ll_ll|||| |   | ゛|| |i l|./\  \  | |      | |  :|
           |i l|二二二二|i l|l i | ||  ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ || |/|二二\___\ :|      | |  :|
           |i l| | i l;l i| ; ; |i l|l i | ||_____||_____|| | ̄l l⌒l ||  |l__|_|___,,|_l____|
           l;;;;|────l;;;;|;;[二二二二二二二二二二二]|i_l|l⌒l⌒l||─||| |;;;;| |;;;;| |;;;;| |
                                         ̄ ̄   "'''"''"" ~''"'" ''""
           ,wiiw.,                     ''"''"
     ''""'            ,wiiw.,         ,,.,,                     ,wiiw.,
        ,wiiw.,                            ,wiiw.,

165  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  様々な思考の中に身を浸した後、私はまた壺を頭に乗せて歩く女のイメージに戻ってきた。
  
  私はもしかすると、あの女の姿にどこかひっかかっているのだろうか?
  
  だとすれば一体どこに? 私は横になりながら考え続けた。
  
  女の体。 顔。 頭。 そして壺。
  
  壺? あの壺を私は、どこかで見たことがなかったか。
  
  馬鹿な。 一体どこで?




        厂 ̄`丶
          /..//............\     -‐‐‐‐‐‐‐- -‐‐-ミ
.         /..//................... \                 `丶
        /..//..............................                `、
.       /..//.................................|       -‐ァ'^⌒ヽ     j
    _」..//.........................r‐‐-ミ_r--┐   {‐-ミ   }_ /
   /....//..........................人 /   {__/   `V   `丶
.  └-----------‐   )′  /   |   | └--‐ '⌒ヽ
    {   r‐---‐ァ'⌒′  { /  |     |     V   丿
.     \  \  /    {  {∨‐‐- ∨  厶 - }  | ‐く
        \_丿/      {   { rテ芋ミ }/rテぅx}  j__)
        (__//      {   { V.り     vり /  〈
         /   |   {   \       ' 厶イ|.
         .′  ∧  {    }  ‐-    八 | }
        ノイ  { ゚。  V   /       /、   | 丿
         人 {  } 丿 )'′ _,〕ニ爪 V )ヘ.丿
              \〉 厶イくr'⌒V´     _」_ノ ̄`丶
                   _」r┘  l{     く_/     |
              / └┐__人   r┘/     |
               |    く_r (0)ヘ._」/      〈

.

166  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  私は上半身を起こした。
  
  あの赤い壺だ。 村から神殿に持ち帰った、大きくて歪んだ赤い壺。
  
  あの壺はそれとシルエットが似ているのだ。 所々がでこぼこになっている。
  
  私はアサクラを起こすと、髪を整えてから、村長の家を訪ねた。
  
  村中の家を回ってそこにある壺を見たいと告げると、一瞬その顔がこわばったように見えた。
  
  捜索の末、はたして水を収めた壺は一軒の家で見つかった。
  
  やはり思った通り、形状があの壺によく似ている。



                             ____
                              /   \
                      <⌒¨´_,    __`ー'⌒ア
                        r气^ー        ⌒_,イ '
                           ヘ Y´,    .ヽ .X》
                            V」´  _     `' i}
                            ,厶レ'´   .ヽ  j{
                     ,.≧=ニ´ __彡'゙         灯ニ=‐-‐ヽ
                    ,ィ⌒~´             》=='⌒V//,
              ___ / ,              ‐ - - v/
               ア⌒{ ‐ ニΞ三-二Ξ‐三 ニ-Ξ‐- V^)`⌒)
               7        .、_jO O O         ‐-二.灯レーj
                 〕      Vハj冖冖冖≦...,,,____         ,:仏イjア
               へ _   ,>宀<三Ξ三Ξ三三三二ニ二三三Ξ‐ \
               /‐-二Ξ三Ξ‐Ξ三三三三三三三三三二ニ-‐ \
               / ‐ - 二Ξ三二Ξ三二Ξ三三三三Ξ二三Ξ二-‐-   、
             , ゙ ‐ ‐ ニΞ三二‐Ξ‐二-二Ξ‐三二 二 ‐Ξ二 ‐ - -  `、
         / -‐                         ̄  ‐- ニ-Ξ‐- - ‘,
            {-‐                                      ‐-二_‐ }
        八                                      ‐-八

.

167  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「この壺は誰が造ったものかしら?」
  
  そう尋ねた私にはすでに答えが分かっていた。 なぜあの赤い壺は村において破壊されていなかったのか。
  
  どうしてこうも形状が歪んでいるのか。
  
  村の陶工が造ったものだと家の女は言い張ったが、私は信じなかった。
  
  なぜ他の家で見かけた壺はどれも形が整っているのに、これだけが歪んでいるのだ?
  
  そう問い詰めると女は答えを変えた。
  
  これはまだ幼い子供が造ったものなんです。 ですから、こうもでこぼこなんです。




               _r: : '":/: : : : :ヽ:.)- 、
              /.: : : : : : : : : : : : : :´: : :.\
             /.: :/: : : : : : : :ヽ: : : : :.、: : : :ヽ
               /.:./: : : : l: : : : : : : ::. : : : : ヽ: : : : V
            /.: /: : : : :.|: : :l: : : : : :l: : : : : ::. : : : ::.
          /:l:./: : :l: : /|: : :|: : : : : :.l: : : : : : |: :.|: :.l
         /ノl:j: : : :|: :.ハ: : :l: : : : :l: :|: : : : : :|: :.|: : |
        ー''" |:|: : : :|::/   : : :、:.|: : :l: :|: : : : V: : l: : :|
           |:.l: : : :ハト‐--: : : :|:、:_jL-r‐: : V:/: : :.|
           l: :、: :|<f Tj;朴 \トゝ'"7j;i:}''>トゝ: :|: :|
            、:{\:.ゞ ゙'ー’        ー' ゙ /: /: :l: l:.l
             l:|: : |ト、     ,       ノ:./}: : l:.|、:.
          ∥|: :.j:i:∧         U ´7T}: : l: | l:}
          j{ j: : :|i:i:i心、  ,..  _    ,.イi:|il: : l: l }!
          || |: : :|i:i:i:i:i|i:\      ,..イi:i:i:/ij: :.l: :| /
          ヾ|: : :li:i:i:i:i:/ } >-<  jノ\i/: :/: .レ゙
              、: : :l:jL,(  \     /  /: : /:/
         ,. -r:.\ト::/ t、 __` <..::: ノ/イ/::::`:::...,,_
           /:::::l:::::::::::::::l  |、/  ヽf⌒Y::/ イ:::::::::::::::::/:::ヽ
        |:::::::|:::::l:::::::::::、 V   {  }   V /::::::::::::::::/:::::::::}
        |:::::::l:::::j:::::::::::::.、}    l..:j    |/:::::::::::::|:::/:::::::::::l
        j、::::l:::j::::::::::::::::::.   Y   j'::::::::::::::::l::/:::::::::::∧
         |::.、::::、|:::::::::::::::::::::.  /   /:::::::::::::::::|j::::::::::::/:::}
        l:::::.、::|:::::::::::::::::::::::.、   ノ.:::::::::::::::::::l{::::::::::/::::::|
        |::::::::.、|:::::::::::::::::::::::::.\ /.::::::::::::::::::::::::|::::/:::::::::|

168  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  我々は答えを信じなかった。
  
  この問答を見て明らかに村長は顔色を変えていた。
  
  陶工の工房まで我々は押しかけたが、そこには男しかいない。
  
  私は改めて考えた。 “村の外れ” はどこだ? そこにあの女はいるはずだ。
  
  だが村の外は、見渡す限り何もない草原が続いているだけだ。 つまりそれは地上にはない。 とすれば、後は。
  
  私は考えを変えて、村長に向かって宣言した。 今からすべての家の中を徹底的に捜索させてもらう。
  
  断るならすぐに寺院に引き返し、あらゆる者を動員させてでも捜索を行う。




                   -‐……―-  _
                /          `ヽ、
               /                  `、
.                /   ′                  ',
                /   |    i   | |i.  '、     ,
                ,i    .|    |   八   \   |
                i| i   ∧    ト、  |   \\ > .|
                i| | /  '_    |. \|\.   \_> .}
               ノ| | i_ \_`、  |   _/\   \Ⅴ)
              ⌒Ⅳ |{ ___`\ 乂 ´____ `√/^):}
                  Ⅵi` ̄⌒    ̄ ⌒ ̄´   }/イノ
                  jハ     ′         r‐i"〉
                '_   {      u. / 从
                 ′   _ ___     / ./^v
                  >―-..._  / / /ニニ〉=- _
               __/ --==- _ \  /ニ=/ニニニニ=- _
             _ -ニ二/  ー-- 、 \ノ=ニニニ/ニニニニニニニニ=-  _
         /ニ|ニニ/    __ ⌒}=\_〉三>'"二ニニニニニニニニニニ/⌒'_
.        /ニ=|./     ___ \,〉二二ニニ>(_)二二二ニニニニニニ/二ニニ_
        /ニニ>′    / ハ 〉<><><>㌻^j从二二二二二二二二/ニニニニ_
.        /ニ_/{    ./ _/二二二二二二二ニニニニニニニニニ/二ニニニニ=_
      _〈_/=| \   /  ̄二二二二二二二二ニニニニニニニニニ/ニニニニニ=_
    /i/ニニ人  \_)}二二二二二二二二二二二二二二二二二/二二ニニニニニニ_
.    /i/ニニニニ\__/二二二二二二二二二二ニニニニニニニ/二二二ニニニニ|

169  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  村長はがっくりと項垂れた。
  
  私が何を探しているのか悟ったのだろう。
  
  彼は諦めて私に打ち明けた。
  
  私の家の地下深くにおそらくあなたが探している者がいる。
  
  だがその前に一つ言わせてほしい。
  
  我々は大それたことはしていない。 あなた方の教えにはすべて従ってきたし、税も収めている。
  
  寺院の者との関係も良好だ。 どうか悪い報告だけはしないで頂きたい。




^ケホメ冰冰水メ水ヾ;:ミ:;∵  ..:;ヾ;:ミ:ミ;ミ;ミ;ミ;゙;゙;  .:;'/:/:;.:,゙;゙;゙; : : : : : .   ∴ヾ;:ミ:メ冰狄狄絲狄ミ;゙;  ;';'メ冰∵ .:
.:.:.:.:;'^:,.:.:^ケホ爻ミ;ヾ;:ミ:∵  ...:ヾ;:ミ:ミ;爻ミ;ミ;:,  .:;'゙;{::;{ヾ;:ミ:゙;゙; ; ; : : :   ∴ヾ;:ミ:メ冰狄狄絲爻;ミ゙  .:⌒ケ.:.:.  .:.:
.:.:.:,゙:;';';゚, .:.:^ケ爻爻ミ∵  .:;∵爻ミ爻ミ゙;゙;゙;゙.:  .:;'爻ヘ::Vヾミ|:::i;: : /  .∴ヾ;:ミ:メ水父爻狄爻゙;゙:'  .:.:.:.:.:.:..  _ __
.:.: i;';';';';i .:.:.:.::⌒: .  . :⌒冰メ爻爻゙;゙;゙;  .:、爻⌒`,::ヽミ|: :|/.  ∴ヾ;:ミ:メ水 |¨|`i.:.:.:.:.:.:.:__   -‐ ´  .::/\
.:.:.i;';';';';'i: : . . . .   . :':,.:.:.:.:⌒ケ爻゙;゙; ;  ..:\::\: : : |:::::|ノ: .    ∴;ミ;ミ;ミシ√ | :|/-=ニ⌒: .  . :.: : .  .::/
´''i;';';';';'i: : : .   . :i:i:i:i:i ,、,、ハ ⌒""  .:八: :\:::\_|: : .   /⌒"""´   / ̄.:.: : : : . .  . . : : . .  /   . :
,.,.i;';';';';';'i; ,   . :.i:i:i:i:i:i:}:;.:,:}';'{,..: .  ...:/;';';V´'´ヽ::: : .  ..:/~、、  _、丶´.:.:.:.:.:.:.:.:.:__    -‐   ̄「|   __: : :
ヾ;:ミ::;.:, : .  . ::;.:{:i:i:i:i:i:i:}:;./;';';'.   . :v{;';';';';}:;.:,ノヘ:.   ..:::;|.::.::.::.::._/__  -‐    ̄|  _,,..┐  .:|:|   |二
;:ミ:;.:, : .   ..:^ヽ;{i:i:i:i:i:i:i:{/;';'..  ..:',:;.:,{;';';';';';}ノヾ;:ミi . . : ::::|ミx.:.:.:.:「| ┌¬  | ロ  :|  |.:.:.:.:.|  .;';|:|   |.:.:
ヾ;:ミ::;. ; ;:,ヾ;:ミ:ヾ;レ'"'"'"'㍉.:  .:,゙;゙;゙;Vミ;';';';';';{;ミ:ヾミ:i. : : ::::::;;|ヾ;:ミ:x:|:| |.:|人 ̄ヘ |  |.:.: __|  ;';'|:|   |_
;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:ヾ;:ミ:}゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;`, . :ノ;';';';';V;';';';';';}ヾ;:ミ:;'|: : : ::::::;;|ヾ;:ミ/|:| └‐/ \.:.::\   ̄    ;';';'|:|
ミ;ミ;ミ;ミ;Yヾ;:ミ:ヾ;:ノ゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙;゙ノ.:.{;';';';';';';'}i:i:i;';';{ヾ;:ミ:; |::::::::::::;:;:|ミ;/_|:| _,/ _  \_\ __ ;';'ミ|:|   |二
´`ヾ、|:|ノ~ ┳i─i‐i─i┳i─i‐i─i┓.:YY^ゞ;:ミ:;|:::::::::;:;:;;;|.:.:| ̄__|:| | ̄|  |:::::|  | ̄|  |.:.:.:.:.|ミ;;';ミ;'|:|   |.:.:
ミ;ミ;ミ;ミ;`Yミ;ミ;┃|_|: |_|┃|_|: |_|┃ミ^;ミ;ミ;ミ;ミミ|::::::;:;:;:;;;;;|:ミ| |:: |:| |_|  |:::::|  |  |  |__,,| ;';';';|:|   |_
ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミミ┃ミ;ミ;ミ;ミ;ミ ┃ミ;ミ;ミ;ミ;ミ ┃ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;ミ;|:::: ;:;:;:;:;:;;|__|_,,|;_:|:|____ |  |:::::| nj_n__n__n二n二n;';';',,  ̄
""""~~~~~´´´´´´´´´´´´´´´´´´´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:::: :::;:;:;:;:;| |─| |─‐| |┘ ̄j'j'j'| |─| |‐| |‐| |冖| |'''| |‐‐‐‐‐‐‐‐
. . : :.:.:;';'.:.: : : . . .    . . . : : ::;::;.:,:;.:,:;.:,:;.:, : _|:::::::::::;:;:;:;|:|: : | |: : : | | ̄´└‐ | |==|_|=|_|=|_|=|」'''_┘-‐ ''"´
. . . : : : : .:.:__,,,..   --‐‐…  '' " ´ ̄.:.:.:.|::::::: :::::::;;;||二| |二¨| |:::;:`''-、__´_,,.. -‐ '' "´;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
. . : _,,..-‐''"´: : : : : : .::.::.::.::.::.::.::.::.::.::;:;:;:;:;:;v从从|;:;:;:;:;:;:;:;:;:;∨从从从ハ.:`''-、_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
_、‐''゛: : : : : : ,vivivivi从从从从从从xX爻淡淡/:;:;:;{:;.:,:;.:,:;.:,∨淡爻爻い从vv ̄´´´´´´""" ''' 冖冖冖宀宀宀‐
.::.::.::.::.::.::.::.:从小从小从小从小从小ミ爻淡淡/:::/:::::\:;.:,:;.:,:;:\淡爻い从小从小从小从小从小从小从小从v

.

170  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  村の中央にある村長の屋敷に我々は招かれた。
  
  その地下一階にさらに深い洞穴へと続く道があった。 求めているものだった。
  
  我々三人は松明をともし、洞穴の中を進んでいった。
  
  彼らが行っているという異端の行為は一体何なのだろうか。
  
  洞穴は降りていくにしたがって広がっていき、やがて広大な空間に我々はたどり着いた。
  
  そこでは壁に多くの火が掲げられており、隅々までが明るかった。




::::::::::::.V. .v. : : :1 . |: /. : !. : . : :|:.:.:vヘ;.:.:. i!川:.:.v i!. ./1: }.: :/ ,:'. : .: .:!.:. :./. : ;7. Y. : : .
::::::::::::::i!. . V.: : :| . .!イ. : :1. : : .: !.: :.ヘ. :Y. |::. j:.:.:| ; ./. :| ノ.:/.:.r/. : . : i.:.:.j!.:. .::{.: . !. : : .
::.::.::.::.::.V. : V. 'ノ. /.:i!: : : !. : . : j!. : λi! /三≧zv、. : | !. : :/. :.ィ´ ヾミ:j!. : .::l. : j. : : : .
:.:.:.:.:.:.:.:.:}. : : Y. : :ト、j : : . ! .: : . l: : .{: レノノル'.:;:;:;:;:;:;:;.ヾ!j!.: /. /. . . .イ: . V. : :i!、ソ. : : : .
.:.:.:.:.:.:.:./! . . :.', . :!:.i! v. :リ.ヽ /ヽ ノノノノノ/.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;..\{:.イ. ://. : : . ハ. :i!::. . 〉. : : .
: . : . :v.::|  . :!: .i ノ、}:.:j!. : i! :. ..::.)jノノノ/.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..Y.:{ : ./. :1. :ハ :.V.:::. . i!:. : : .
. . . . .{::::i! . : : .v人、Y.:/. : : 入 .:'ノノノノノ{:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:i!λ.j!. : .!. .:. .:i!.::i!.:::. .::. .:. : .
. . . i::::1 . : : : ヽv/`.:、. : . . . Y.:i!ノノノノl、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノl′(. . .::.v. :从´ ̄ ¨`;. : : : .
 . .、i!:.::!、. . /.: V. : . :丶. . . !'ノノノノ八ヘー-_-―-=ニ彡|:. ..::. . :. ..v′:.、 .: .:ィ. .:::. : .
、i! . . v.:Vヽイ. : ! .:i!. . .y . : vノノ.: !N!i!,ヾ≧二ニ―ニニ彡! .:...::.:. ,:'/  . . .:Y .:'. :. .::. : .
. v. : . .! λ . :/ Yj!:. /、_/.:イ!.::::i!i!i!!Yミ三二ニ=‐=ニ彡j!、、.:. .:!λ、.:::. .:..l: .::. .::. .:::. .
. :.V.. :ノ. : .V/人.'从:イ. : . : !:. .!i :::::!i!i!ヘヾ、≧二三二ニニり! 〉.:). :j .' .:1.:. .::..i.::.. .:::.:./. : .
. 八:i! . : : : !、 ノ!.: :. :l. : /、;l. : !、 V/ヾノ \、ー ― -- = / Y、.i!.: j!.: ..:.',::.!.: .:!::::..:. ,:' . : : .
ー ヾi . i!. l l |.: .:. i!. !. : V. : ! ',:i!、ノ ヽ 、 ー ‐ - </ : ノ. :. Y.::!.:、.::;:´`v/.::::::. .:. .:. : : .
. : :.イ、l: .从:〉 ! !. : l. !.:. :. |;ハv ノ、>― - -=ニ 二 Y::i!. .:. ! リ .::1 .. :.V.:.::: '. : : : : : .
/. :ノ /ノ.:{:. |:. l::. ノ八':.:. i!、 ノ、 ' ー ― ニ _ - ニ三ニ!り、. :.:. / .::/' . . .::|:::. .::. . : : : : .
. /. '/. '人ハ-j:://. :/゙Y´.:.ヽ . . ` 、 ー - _- ー ―ス.:.:.:.≧j! / ! . . .::: i!::::. .:. .:::. .: : .
:.. '/ :ィ´. : /ノ /.:./. : |.::. .: .、 . : . . ー ‐ ― z二>- '´. : .ヾ、ノ:. .: .:.:::j:.i!:.:.、.::. , :ィ.:.
. :. /. . : . ./' ノ Yノ. . . , .:. . . .\ . . .  .  .  .  . . .: .:: .: ..: .:::::.≧ー 彡/.: /.:::: : . j:. .
//、 .:.: .:::.ィ' . : j!、 . . . ', .丶 . . .`.ー ‐ _- _ . . . . .. .::. ...:. .:.:.::::::::::::::;ィ.:'メ ..::::. . . .:. .
Y:1!: .:.ヽ. .::.〈 . /.. j . . . :.', . . \ . : : . . . . . "¨´. . .. .:. .:::. .::::...:./..::::::.. /.:::::. . .:. .

.

171  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  そこにあの女はいた。
  
  両腕のない女は胸を張って直立し、我々のことを待っていた。
  
  「待ちかねたぞ」
  
  女は珍しく自分から口を開いた。
  
  懐かしい声を聞いた私は、それに応えて言った。
  
  「また会えた」


                       ,. - 、
                      ,..<;:;:;:;:;:;:;>.、
                      /;:;:;:;:;/;;:;:;:;:;:;:;:;:;\
                  V;:;:;:;:;:;{;:;ハ;:,,:;:;:;:;:;:;/
                   {;:;:;:;:;マ _ ア;:;:;:;}
                       |;:;:;:;/; ;|―|; ;V;:;:∧
                      / >il\__/li<∧
                  /;:;:/\!   l  i/V∧
                 〈;:;:;:;ヽ! iヽ.ニ .イ l;:;/;:;:;:〉
                   入;:;:;∧  ̄ ̄ i . /;:;:;:人
                   ,...< : : \;∧ {示} i /; ;/: :>.、
             /:.:. :: :: :: :: :: : ̄! 比l i/ ̄: :: :: :: :: : \
             /: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :ヽV /'´.: :: :: :: :: :: :: :: :\
              V: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : ,zテミx : : :: :: :: :: :: :: :: :: :/
              V: :: :: :: :: :: :: :: :: : {l{   }l}: :: :: :: :: :: :: :: :: :/
             V.: :: :: :: :: :: :: :: :: :ゞ三ツ: :: :: :: :: : : :: : : /
              〉.: :: :: :: :: :: :: :: :: :/云V : :: :: :: :: :: :: :: :〈
              }: :: :: :: :: :: :: : : : / l回l V.: :: :: :: :: :: :: :: :{
.              { :: :: :: :: :: :: :: :/; ;i : : i ;\.: :: :: :: :: :: :: :}
           / : :: :: :: : : : / :;:; i: : : : i ;:; \: :: :: :: :: :.∧
             / : :: :: : : : :/ ;:;:;:;:;i : : : : : i.;:;:;:;:;\ : : : : : :∧
.            /:.:: :: :: :: :/ ;:;:;:;:;:; i:..: : : : : : i ;;:;:;:;:;:;\ : :: :: :∧
          | : :: :: :./:;:;:;:;:;:;:;:;:;.i:.: : : : : : :.:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;\: :: :: :.|
.           /: : : / :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i:.: : : : : : : : i:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\ : :∧
           |: :./ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;.i:.:.: : : : : : : : .i :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\: :.|
           // ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; ∧ : : : : : : : : ∧ ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; \'、
          ´| ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; / V:.: : : : : : /: :V:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|`
.           | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;: /:.:: : \ 全 /:.: : V ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
.          |;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;./: : : : : : {王}.: : : : :.:V ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
          V;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:.:: : : : : 弋ツ: : : : : : V :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;./

172  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  やはりそこには大樹の切り株が置かれてあったので、我々は切り株の上に座って語り合った。
  
  私は女の前の棲み処を訪ねたが不在に終わり、落胆したことを伝えた。
  
  女はあの後すぐに旅に出て、自分を必要としている場所を探していたのだと答えた。
  
  そうしてここに流れ着いた。
  
  私は念のために、水を収めていた壺を造ったのはあなたなのかと確認した。
  
  女は肯いて言った。 お前に以前渡したあの赤い壺も自分が焼いたものだ。
  
  私の脚では繊細な作陶は難しい。 だからあのようにでこぼこになる、と女は続けた。




                        -=  ニ二二ニ =-
                     f(     ー=ニニニ=‐    )ミx
                     {: `Tニ=‐-------‐=ニT´: :/
                      {: : :|: : : : ー= : : : : {: : | : {
                         } : : : : : {: : : : : : : }: : :{: : :{
                         }: : : {: : : }: : : : : : : : : : : : :{
                     / : : : }: : : }: : : :i : : : =: {: : :{
                    /: : : :〃: : : }: : : :{/ : : : /: : : \
               /⌒´: : : ://: : : :/: : : : {: : : : :{ : : : : : : ̄ ̄: : : .、
          -=ニニ二  -―‐''´/: : ;r''´⌒~ ̄`ヾ、: : \ ̄ ̄ ̄ ̄  ―- ⊇
        .            ,. : : ´;  ''´          \: : ヽ
                 辷:´_:r''´              ー '


.

173  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  なぜ体のメッセージを送ってきたのか、あれはどういう意味なのかと私が尋ねると、女は答えて言った。
  
  送った体の部位は、村の不埒者を断罪した際の副産物だという。
  
  私もまたお前に会いたかったのだ、と女は言った。 だからメッセージを送った。
  
  私はそれを聞いて嬉しくなった。
  
  ここであなたはどういう仕事をしているのか。
  
  そう尋ねると女は予想した通り、呪術的なことを請け負っていると答えた。
  
  寺院の者たちが執り行う儀式や祭典だけでは村の者たちは不満なのだ。 彼女はそう言った。



                    _,,,,,,_     ________
                 _,,-''´    ヽ ,,-''´     `ヽ、
                ,-"       レ′         ヽ
              ,;''                    ヽ
             ,;",;'7                      `、
             /,;' /     /ヽ、 ,r'´!           ヽ
               // ! ,'    /` ` `′´ !             `、
            レ′i ,i i   i       ヽ  i  `、 、      i
            !   ! i ! i   l        ヽ ト、 `、`、       !
             !   ! !i !   !         i ! ヽ ヽ i       !
             !  l,!l !   !         レ′ヽ `、!        !
             !  l ! ! !  l              `、__.!      !
            !   ! ! !__,!,,,,,__      ,, -‐_,,¨,,,,,i  !      !
            !   !、`、!,,l-┬、-、      ,r'´i__!__,! l}''!¨  i¨¨_'''''‐-,,_
             !  _,,! ヽ ヾヽ!、`__!, '        ´   !l !  i'´  。 ゚,/
          _,,i-''´_,!  ヽヾ`、             ,ノl l  l_,,>-''i´i
         < 。 。 ¨ !   ! ``              ! l  lヽ_,!、,! !
          `''i-<_i-!   !、       !       ! !  lヽ  ,' /!
           l   l   il ヽ、     -‐‐-     /! !  l ! `ー〈 l
           !   l   l !  `ヽ           / ! /   ! ヽ   !
           !   l   l l     !`ヽ、     /   レ!    !   !`ー<´!
             !    !  l !    !    `''''''''´    /     !  l    !、
           i    !  l !    !         /!    i   l`ヽ、 ! i
            /    l   ! l   /_         /   /   ヽ、 `′!
          /     l   ! l  /、::::¨:::''''‐----‐‐:i    /        !ー--!ヽ、
        /      !   ! !'´  ¨''''‐--------‐!  / ` 、     `ー,-,,_,! !
       /      __,,,,!   l ! i            !  /   `ヽ、 ___ ヽ   l
        /_,,-‐'''¨¨ヽ   !   ! ! iー--- ..,,_       l  i---‐‐   /::::¨''''‐-〈,l_
     _,,-"::::::::::::::::::::::`.、 !   l ヽヽ    `      '´ ! l      /:::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
    ,-":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!   ! ヽヽ          l !    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、

174  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  病気になった者がいれば、一日中その者の傍にいて祈祷を行って欲しい。
  
  あるいは迷ったまま帰ってこない羊が出ないように、毎朝まじないをして欲しい。
  
  年長の者の影を踏んでしまったら、その罪が赦されるよう儀式をして欲しい。
  
  彼女はそうしたこまめな需要に応えることで、一度は我々の手によって排除された呪術師という地位を村に取り戻し、
  
  そこに収まった。
  
  「お前がこの村で見た壺は、病人に飲ませる水を貯めるためのものだ。 私が造った。
  
  快癒したら、あの壺を割ってそれを祝う」



 ェ .,   .,,,、     .   ! │           l三三三三三三三三三三三三三三l  .,!三|     'i
./ .!.l!  ./三ヽ    ! .l゙ .! ,!  ./゙.l     ./.l .!三三三三三三三三三三三三三三 ! .!三;;;1    .ヽ.  .!l,    /
三 ||.! /三三!   . !  .! l | ! ./三|    iゞ l.l三三三三三三三三三三三三三三 ! .!三三|  i,  /;;!  .l゙;;!   / /
三三! .|三l.i三.!  l三l !三!│ /三 .!   .l゙三三i,l三三三三三三三三三三三三三三 l !三三| ,! !  |三|  |三i  i ./三
..i三 .! .! l;;;l.!三 | .l三j│三.!│ !三三|  !:;三三三三三三三三三三三三三三三三三 U三三| l゙三l .l三;;! .│三| .! i三
. l三 | ! l;;;!|三;l  l三;l゙.|三;;;! |! |三三;| │三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三!│三;| l三;;;l | i三
 .l三! .l.〉;l.!三| .!三;! |三;;| ! !三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三! |三三! !三;! | .〉三
  ゙‐'゛  ヽ三三| !三! .|三;| .! l三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三l !一ー l. |三! │ |三
`''-.   \三 |│三l.|三;!  ! i三三.!  .,!三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三;;/"   !  i  l  | ̄ヽ
    ,、   ゙l  ! !  | l  / i三三|  .!三三三三三三三三三三三; il 三三三三三三三三;;/   .  /   ゙ .!  ヽ
 、   `゙''- .l .,!  l .l !   .、 `'',    .!三 !|三三三三三三三三三|.!三三三三三三三三l  /  ...゙    i
、 `     、 !  !  .′  ".゛  ′   ヽ /.|三三三三三三三三三! !三三三三三三三三!     !   ,i',i  ノ  ヾ
     ...i !.! .!   !    ― 、、三―    .゙‐' !三三三三三三三三 ノ !三三三三三三三;/    /      .,i
 |  !  |i|i! ! _′  .l. ..ー   ‘ ―‐       !二二二二二二二二二二二二二二 ∩二″     l .'"      /
 " ||ii|"  ./     ″           .!}     二二二二二二二二二二二二二  ,!│二二 l          ./
 l||||″  /           r'" \    .!│      二二二二二二二二二二二  ! l 二二" .,/   .r'"
||||    "                ‘    .} .l        二二二二二二二二二       _,,, ._..-'"     ゙.r
.,                         ,! ..l      '、                 ‐'''"´゛ . ″ ../      ._,
                             `      .゙'ー ,,                            ゛
    .,.                             `'‐                 , ーゞ  ,..-¬ー--._
    |                ´ `'‐     `'ー 、                     、    . _,  .
    ..,,                          `           _,, ー-、    ゙̄"   .´    /゛゙'‐      ..,, ''ー .
     .ゝ   ¬'''、.     .                 __,_        `    .‐―ー                 _,,,...
  ._,,..,,,      、`"'^'ー               `   `'‐     .^''                 __.´ .、
    .`    .'- .゛`                    ,,_                 ´゛     `^──   .,.. " '‐i
    .,,ノ゙''                 ......,, ''ー .             ..,,,,,..-― .     .´          ....,,
  .'"゛    .-――__           `''ー         __,            -丶            `'''" ̄

175  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  それでは、村長が露見することを畏れていた異端行為とは一体何なのか? 私は率直にそれを尋ねた。
  
  「つまり、私は前の村にいた時と同じことをしている」
  
  ということは村人たちの体に見立てて、陶器を造っている?
  
  「そうだ。 正確には、可能な場合は死を予定している者自身が作陶を行う。
  
  できない場合は、その役に就いている者が代行して造る。 そうして出来上がった壺に私が祝福を授ける」
  
  村長が続きを引き取った。 「村の者たちは皆、本当の所はこの地で眠りにつきたいのです。 彼らはいつも私に訴えます。
  
  自分が死んだらその体はこの地に埋めてくれたら、と。
  
  このお方は、せめてもの慰みにと、我々の “体” を新たに造り、この地に埋めてくれているのです」



                             __
                      _、‐''゛   ~"''~、、
                    /.:  _、‐''゛       \
                       / : //   .,、‐''゛     `、
                    / : /   . :// .:/      `、
                     _/ ::′  :/ _/ -:/     i    |
                     }>‐|: / /'"/   |:.|:   /: |: |
                   ノ{r=|:./ /r 、\  |:.|: /ハ: |:  | |
                ⌒|トV}/j/   必、\/|:i// .}/  /∧
                从┐   ` =-   从, -‐十//
                   川           /r兮ア人/
                  }:∧        _|   ′
                   / | `、  \、_   /
                  /^\l  `、   _,、‐''゛
     _ -==- =====ニ^Vニニ\  `¨/
    /ニニニニ\ニニニニ\ニニ>=rく}
.   /ニニニニニ∨二ニニニ"''<ニニ>=- _       ___ __,.. -‐┐
   {ニニニニニニ∨ニニニ(_)┐二ニニr()ニ=- -‐   ̄ -- -= ニ二 _
   {二二ニニニニニ∨二ニニ川└卍卍卍ノ>'ア         .-=ぅー---┘
   ∨ニニニ=- _ニニ|ニニニニニ二二/ニ| |  __,,.、 -‐┐\.ヽ
.     ∨ニニニニニ⌒\ニニニニ二/二二| .|/{二ニニ|=|. } }.} }
.    ∨ニニニニ=- _ニノニニニニ/二二ニ∧ \ノニニニ|=|. し' Lノ
      ∨ニニニニニ∧二ニニ/ニニニ二二\イ二ニニ|=〉
.       ∨ニニニニニ∧ニ/ニニニニニニニニ}}ニニニニ.|=乂
.      ∨ニニニニ二/ニニニニニニニ>''"二二二{ニニ)
        ∨二二>''"ニニニニニ二>''"ニニニニニニ{ニニ{
.          ∨=/ニニニニニ二二/ニニニニニニニニ}ニニ=_

176  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176


  
  「そうすれば魂は肉体を求めて再びこの地に帰ってくる?」
  
  私が尋ねると、村長は言いにくそうに答えた。 「ええ、そうです」
  
  アサクラはそれを聞いて激昂し、腹の底から声を絞り出して言った。
  
  「これは立派な造反行為ですよ!
  
  この世界において、霊魂を操っていいのは、今この場にいるお方のみ、レミリア様だけなのですよ!」
  
  アサクラの怒気に気圧されて、その場にいる誰もが口を閉ざした。
  
  長い沈黙が降りた。 やがて両腕のない女がぽつりと声を漏らした。
  
  アウリカ。




      .       |:::|::::::::::|::::::::::::|:|::::::::|:::::::|         |::::::|:::::::|:::::::|::|::::::::|::|::::://|
            |ヘ|.:::::::::|::::::::::::|:|.:::::::l::::::::|.       |: : :|:::::::|:::::::|::|_./..|///|
             |ヘヾ.__|. =-、|_.|:::::::|\/|V    Vヘ|/::::|::_,.x|-='::::|::::/:///|/
            ヘ\__|:::: ̄| ̄/,.ホミ::、_ |.       _| 彡ホミ:ハ ̄| ̄::::|/:::::|
             |:::::::::|:::::::::| . i::{::::┃:}::i `       ´ i::{::::┃::}:i  |:::::::::::|::::::::::l
              |:::::::::|::::::::::| ヽヽ辷:ソ         ヽヽ辷:ソ  |:::::::::::|::::::::::|
                |:::::::::|:::::::::::|..`、 __ ,ノ    ,     ` 、 _ ,ノ. |.:::::::::::|.:::::::::|
            |:::::::::|::::::::::::|       ,_______..     |.:::::::::::|:::::::::::|
             |:::::::::|:::::::::::::|     Y\/\/\/\/、/i     |:::::::::::::|:::::::::::|
.            _|:::::::::||:::::::::::::|、    |            !     ||:::::::::::::||::::::::::|
        /.     ||:::::::::::::|| \  l                 |.  /||:::::::::::::::||   ` 、
       /| |..    |.|:::::::::::::|:|   \               ノ '´  ||::::::::::::::::|:|.      iヽ
       | | |      |::ヽ::::::::::|::|   |`  ,      ,  '  l.    ||:::::::::::::::/::|.      | |丶
       | ヘヘ.    |::::::ヽ::::::|:::|...  l... |. ` ‐- ' ´ |   l   {|:::::::::::::/:::::|.    / / |
       |  ヽヽ..... |::::::::::ヽ::|:::|   |.... _ -‐ ―. - 、   l....  ||.:::::::/::::::::|...... / /  |
       |   \\. |:::::::::::::::|::::|....  |.//....  ̄. `ヾヽ|     ||:/:::::::::::::::|..../ /  /

.

177  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「知っていたのね」。 私がそう言うと、女は頷いた。
  
  アウリカ。 それは私の神としての名前だった。 遥かな昔から代々受け継いできた名前だ。
  
  人としてのそれとは別に与えられた、聖なる名である。
  
  「その名をみだりに口にしてはなりません!」 アサクラが再び怒鳴った。
  
  そこで私はアサクラを諭した。 いずれにせよ、今すぐ我々にできることは何もないではないか。
  
  沙汰は帰ってから検討し、追って出せばいい。 そんなことより今はこの村での滞在を楽しみましょう。
  
  アサクラはそうした私の態度が腑に落ちなかったようだが、この場で一人怒ったところで何もないということは悟ったらしい。
  
  おとなしくなってくれた。




              __,.イ:::::::::::::7;;;;;;ヽ:::::/;;;;;i:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ-、::::::ヘ
            /:/:::::::::::::::::::7;;;;;;;;;;;ヘ/;;;;;;;;;',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',:::::::ヘ
           y'::::::/::::::::::::::::/::::y',;;;;;;;;;;i:::::::::',::::::',::::::;::::::;::::::::::::::::,::::',::::::::ヘ
          ./::/::/:::::::::::::::::::i:::::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i:::::::i::::::i:::::::',:::::::::::::::',:::',::::::::::',
         /::/:::i::::::::::::::::::::::i:::::j-^````´´´^'i::::::i:::::::i::::::::i::::::::::::::::i:::::i::::::::::i
         7::i:::::/::::::::::::::::::::7:::::i          .i::::,':::::::j::::::::i:::::::::::::::::i:::::i::::::ノi
         j:/j::y::::::i::::::::::::::j ',::::',__     ,_,':,'::::::::7::::::::j::::::::::::::::::i::::i:::::::::i',
        〃〃 !:::::::::::::::::::::イ::::::ノ     `''7--:::::7;:::::::7::::::::::::::::::j:::j::::::::7:i
          i ヤ:::i:::::::::::::::i. _',:::',__      __i≦__i-'"|::::::::::::::::::,'ヘ::::::::/:::j
             .',:i `ヽ;:::ハ 久チ心`      ”'爪丐癶、:::---、,-'| ',',::イ:::::::l
             `  .j:::::ハ 弋斗       弋ヒ必 '"!::::::::::::::::::|ノ.j::::::::::::|
               7:::::::ハ  ´¨`          ´¨¨` |::::::::::::::::::jイ::::::::::::::|
                j:::::::::::::',    `          |::::::::::::::::::i::i:::::::::::::::j
               7:::::::::::::::ヘ    ォ---、      ,ィ:::::::::::::::::i::|:::::::::::::::i
                .7:::::::::::::::::::>.、   ̄ ̄     イ .|:::::::::::::::::i::i:',:::::::::::::',
              i::::::::::::::::::::::::::::::::>、    . <    i::::::::::::::::,':::i::',:::::::::::::',
                i::::::::::::::::::::::::::::::::i: : : i  ̄         !:::::::::::::,':::::',::',::::::::::::::',
               .i::::::::::::::::::::::::::::::::i : : :.!          i::::::::::::,':::::::::',:::',:::::::::::::',
              |:::::::::::::::::::::::::::::::|: : ,イ        |::::::::::7::::::::::::',::::',::::::::::::',

178  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  村長は場を辞した。 アサクラも彼に伴われてこの場を去った。
  
  それで私は女と二人きりになった。 隅では一匹の蛇がとぐろを巻いていた。 例の蛇だ。
  
  女は洞穴の奥から酒瓶を咥えて運んできた。
  
  盃も切り株の上に並べられ、我々は再びあの時のように酒を酌み交わした。
  
  ただし酒はこの村の物で、色は透明だった。
  
  今度の物は飲みやすく、匂いも爽やかだった。
  
  我々はお互いに酒を注ぎ合って黙々と飲んだ。




                                {〉.、          _ イ:::::/
                              {:::::>‐----‐=ニ´::::::; '´  /
                            ノ:::j ⌒ヽ----‐=ニ¨´ . ...::´:::::::
                            ;:::::ノ    丶---‐=ニ¨::::::::::::::::::::
                ,.   -‐====‐-  j::::j       丶:.  ::::::::::::::::::::::
               /           ;::::ノ         丶:.  :::::::::::::::
             〃:            j:::ノ ヽ  . -‐- 、    丶:.  :::::::
                 ,': :             {:::{   Y´ , -‐ 、 ',     丶--‐
             li: : :                }: }   il /   } }
                :|‘: : .            {: {   /.|'    〃 ./
             l \ ,  -‐=::::::::::::::::::::=‐j:::;:../ !  ./ /
             ’   丶 :::::::::::::::::::::::::::(:::::::/  ;/ /
             ハ      ` ' ‐------‐ ' ´     ハ/
               ∧                   ∧
                 \              /
                \           /


.

179  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  再会したばかりで、また面倒なことになってしまったな、と私は思った。
  
  我々の間に敷かれた深い溝について私は考えた。
  
  アサクラを説得し、この村についてだけは目こぼしをすること。 それははたして可能だろうか?
  
  「あの赤い壺のことだが」、女が突然口を開いた。
  
  「もし私が死んだら、あれもやはり割ってほしい。 あれは自分で造った、私の “体” だからだ。
  
  そして残った破片はお前の好きなようにしてくれればと思う」
  
  縁起でもないことを言うのはやめなさいよ、と私は言った。
  
  だが女が冗談で言った訳ではないらしいということは、その目を見れば分かった。
  
  一見すると焦点があっていないようでいて、その目の奥には一種の輝きが宿っている。



                             _,,,,,,,,,,,,,___
                             _,,.-‐'''´      ̄`ー,-.,,__
                         ,r''´  ,, ''  ,r'      `  `ヽ、
                     . ,r''´ ,, ''   ,,r'´,. '  ,, '   ,     `ヽ
                     ,r'フ ,, ''   ..:;;r''..:; ',  ., '' , '  .;
                   ,r',r'’,,.'', '.:..::,r'7"..;: ', ' ..,::' ..;:'    ;';..
                  ,f /., ''., ' , ' ,r',r'’.:;:'.,.' .::..;:'  .:;:'   .: ;: ;::.
                ,/,イ,/ ,,/ .,f /..:::;/,/ ..:::;:'  .::; ..:   ..:::;: :;:::.   :.
                    レ/,i' ,イ ./ /.::;;イ:;i'.::::::;i ..::::;'..::   .:::;: .:;::::. :..  ::.
                    レ レ/ / /.::///i.::::::;i .,'.::::;:'.::;'::  ..::::;: .::;::::: :::::.. ::
                   i / ./.:/// ,!::::;i' ,.'.::::;'.:::;'::::  .::::;:. .::;:::::..::::::::::
                 _,ノ レ' f/ ,i`、;ii ,i.:::::;'.:::;i::::::. .::::::;:. .:::;::::::::::::::;::
             ┌-‐''´     `ーi、:;/i;/!:::::;i::::;i::::::::. ..:::;:;::..:::::;:::::::::::::;::
                 i        .、/ ヽレ !、::;!l:::;!l::::::::..:::::;:;:::::::::;:::::::::::::;:::
                  ヽ        `、/`、 !:`!:i:::!:i;i;:::::::.:::;:;:::::::::::;::::::::::::;:::
                  fヽ        `ー‐ヽ v`:!:l::l:::'i:::::::::;:;::::::::::::;::::::::::;::::
              ,! ヽ           !::i;!::l:::::ヽ::::::;:;::::::::::::;::::::::;:::::
                i              l :::::::!:::ヾir'、::;:;':;:::::::::;:::::;:::::;:'
             ,!                i :::::::l ::::::l´k ヽ:::'i::::::::;::;:::;:':::
              i                 l :::::::! ::::::iノ ,/::::f:`:、:::::;:'::i::::
                 `ヽ、           l ::::::;! ::::::i_,/::i:::::i;:::::::Y::::::;!:::
                     ̄i'''‐-._   --‐‐'´l ::::::i ::::::i:::;::::!::::f:、:::::i:::::;i:::::
                     l::::::;::::ヽ      ! ::::;! :: .:l:::;::::i::::i::::`:、i:;/:i:::::
                   !::::;::::::::.i     l :: ,i  :: .:i:::;:::::i:::ヽ:::::::i:::::i:::::

.

180  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  私は深く頷いた。 それから緑の壺について尋ねた。
  
  セットで置いてあったあの壺には一体どういう意味があるのか? 誰が造ったのか?
  
  そう聞くと女は深く黙り込んでしまった。
  
  無視された訳ではない。 どう答えようか、考えているのだ。
  
  長い沈黙の後に、女は答えて言った。
  
  「それは言えない。 言うことができないこと、伝えるのが難しいことというのが、この世にはあるからだ」
  
  確かにそういうことはある。 なら言わなくてもいい、と私が言うと、女はまた考え込んでしまった。




                      . . : : ´: : : : : : : : : : -
                     /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :`:.
                      /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                  /: : : : : : :/: : : ; : : : : : : : : :_: : : : : : : \
                   /: : : : : : :/ : : /: : ; : /: : : :./ミヽ/:ヽ: : : : ヽ
               ∥: : : : : :7!i : : |!: : |: :|: : : ∥ `´~ヾ! : :、 : :.
               ∥: : : : : : l:|:!: : :!|: : |: :!l: : :l:!       |:|: : } : ハ
               ':!: : : : : : :l: |!',: :|:! ̄!:T-- l- '    |:l: :メ: : トl
                  l:l: 、一 =l: : : ゞー芹示ミヽ! |   /ー-/ |l::/ }
               |:|: : ヽヘ(`l : : : : |  乂rソ       !示ヽl |l; ノ
                 |:| : : : :\ l : : : : |          ゞ' /:!
                  |:l: : : : : : :.l : : : : |            / /: :|
              l:l: : : : : : : | : : : : !            / : :l
                , | : : : : : : |: : : : : ト      -=,ァ  , : : : :.!
              ; :| : : : : : : |: : : :|: :| >      /|: : : : :|
               i: | : : : : : : |i: : : :l: :|    `  -: : : :|: : : : :|
             l: :!: : : : : : |l:l: : : :乂ヽ-…-/ : | ,,_ : | : : : |
               l: :|: : : : : :l !l:ゝ -彡イニニニニニニヽ.: :.:|
            l: :i: : : : : :j | ゝ= '/ニニニニニニニニム: : :|
              l: :l: : : : : jニ|ニニ/ニニニニニニニニニ=-: :|
             ,': :l : : : : 7ニ乂シニニニニニニニニニニ=-:|
             /: /: : : : /ニニニニニニニニニニニニニニハ
          / :/: : : : /ニニニニニニニニニニニニニニニ!
           /: /: : : : /ニニニニニニニニニニニニニニ彡≧、
        / :/: : : : /ニニニニニニニニニニニニニ<ニニニニ{

181  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  女は沈思黙考の末にこう言った。
  
  「しかし伝えにくいことを別の言い方をして話すことはできる。 我々のような者は、そうしたすべに長けているはずだ」
  
  それもまた事実だった。 そこで私は女が語り出すのを辛抱強く待った。
  
  女は考え続け、やがて口を開いた。
  
  「これはまだ私の体に両腕が備わっていた時期の話だ。
  
  私は生まれ故郷にある森の奥深くで、一匹の竜と出会った」




                            .,
                             ,爻
       、 、                       '彡ミ_      _,爻_        ,、
       爻、                  爻爻ミ、      ,彡ミ、       ,爻_
       、彡ミ                      爻彡ミミ_     ィ爻爻ミ、_    _,彡ミ、
      _爻爻ミ                爻彡ミミ、_   シ爻彡ミ`    ー爻爻ミ、_.
      =爻彡ミミ、_             爻 シ彡ミミミミ   爻彡{ミミ、  -=爻彡ミミ;
     _,爻彡ミミ;x_     、       彡ミ 爻爻彡ミミミ= -爻爻ミミミ、  .,ィ爻彡ミミミ、   :,,、,
   爻、 ,彡ミミミミミ=    ,爻、    爻爻ミ ゙ミ彡ミミミミ、 ,爻彡ミミミミ、 :=爻爻彡ミミ;  :ミ爻;
:.  彡ミV彡爻ミミミミ、    ,彡ミ、_   爻ミ-ミ;:'ミミ彡ミミミ彡爻爻爻ミミミミメ爻爻ミミミ爻彡  ミ爻彡;
::::ィ爻爻ミ;:'爻爻彡ミミ   爻爻ミ、  ,ミ爻ミ彡ミ;:゙彡ミミミミ爻彡爻彡ミミミ`爻爻爻爻};彡ミ};彡;彡ミ
:::;爻彡ミミ;:'彡}爻ミ-ミミ  .爻彡ミミ   爻爻ミミミミ;:`爻ミミミミ爻;:爻爻彡ミ゙:;爻};;'爻爻ミミミミミ爻ミミミミミ
:;爻彡ミミ彡::゙ミミミミ=爻彡ミ爻ミ彡ミミ爻爻爻ミ=::彡ミ彳ミ;:爻;:彡彡ミミミ};:{ミ=ミミ爻彳i::;{ミミミ爻彳i::;{ミミ
爻彡ミミミミ;:'爻};;'彡爻ミ爻爻彡ミミミ爻彡ミミ{ミミミミミミ:;爻;:彡ミミミミミ}ミミミミミミミ爻爻ミ;:ミミミ爻爻ミ;:ミミ
爻爻ミミミミ=;´爻:彡ミミ.ミミ爻彡ミミミミ.彡ミミ|;:{ミミミミ^ ;、.x,,;..v、`彡ミミミミミミミ爻爻}爻};:彡ミミ爻爻}爻};
爻爻彡`、v,..v、゙ミミミミミミミミミミミ爻爻..爻彡ミミ爻ミ゙:w爻爻爻;:彡v、.'爻ミ-ミミ爻}゙ :;、.x,,;-ミミ爻}゙ :;、.x..v、^
ミミv;;ミ゙'爻爻ミ;}..v、yミミ.爻ミv;;ミ゙'爻彡 ミ` ;、.x,,;..v、 v爻ミミ〉ミ爻彡x;: ゙爻:";vミ'〈゙ x彡爻ミミミ x彡爻ミミミ
゙':;ゞ;爻彡;yゞ;ゞ;,”〈oヾ ;;ミ゙'爻:";v;oゞ;^.y爻爻ミ゙'爻ゞゞ;;yゞ彡ヾミメ゙';ゞ;,”v:";v〃ヾ爻ゞ;yヾv;ミ゙';ゞ;,”v:";v
'' ;~ ;^::;”v:";y;''゚  ; ::;y ...; ::; : ;:; '',;:.;:; ;~''^"''^”v:";v ; ::; : ;:; ;~ ;y ::; : ;:; ''ヾ;ゞヾv;ヾ;ゞヾv;ヾ;ミ゙': ;: ',;
";: ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; : .:: :; : ;:; ;~'',;' ' : ;:; ;~ ; ::; ;~'',;''  ; : ; ::; :;~'',;:; : ;:; ': ; ::; :;~'',;:; : ;: ;:; ;~'',;'' ;~'',;'


.

182  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「竜は山のように大きく、私を見下して問いかけた。
  
  なんでも竜は数日前に一つの村を襲って食べ尽くしたが、その際に勇者の振るった一本の剣が、
  
  喉の奥に突き刺さって取れなくなってしまったという。
  
  その剣を褒美としてお前にやるから、どうか自分の喉から剣を引き抜いてきてくれないか。
  
  竜は猫のように体を丸め、声も絶え絶えで、いかにも具合が悪そうに見えた。
  
  私はどうしようか迷ったが、結局はその竜を憐れに思い、依頼を了承することにした」



                  _,,....、___,,,x===、     ____
          _>――==''''´             `>x、_ `ー、_゙ヽ.    , , ,
        _.>''''´        __,,,,,,ニ=―''' ''ー==-ニ,,,_≧==、7ヽ`i , , , , ,','
    /'´,ィ=ィ''´   _>''''´       __,,,,,========三三= `-’ } ',',',',',','
   ∠x'´ ∠_  _>''´      _>'''´ ̄   __,,,,======三ニ  / ',',',',','. ヽ、
       ><´      _>'´ _,,===―''´_,,,ニ=-'_'ニニニ二==-‐'´ ..' ' ' '   __}∧、
    /'´V二}    _>'´ _>'´   _,,,r''''''´_,ィ=‐''´ _/ ,',',',',','            _,、ゞ ∧ヘ
   /´   `ら >''´ _>'´     r'´、_/     ‘7  ',',',',      _,ィ'Tて~》`x.,、∧ヘ
  '     ノ/  x≦x''''フ     `-=、二_ー―--≠ニ,,,_ __' ' '  ∠ } ! }〈 〈=イ..|_X_|_X
       //7/    'ー,          ̄ ''''ー‐-ニソヾ} }`ト、メ∠≧'´ ̄~~゙`.<_Y __∧
       /ノ /,'’       {,v=-―ァ            ノ. ∧≧≦XXx'’.    》v'´ 、 ̄ `x
     (  !           _r'’, , , , _ _ _ _ __ / ,'´ .!   .' ヾ   r''´.ミ {   ゙i. ∧ {
                _>'≦   ,'  ヽ  { {Y.   ,'  i   ,' 、 V  j   彡,X  r'`i ^ .i
              _x≦~ ',    ,   ノ == 、 }   ,'   X  ,’ } .} ,ィ゙     ゝ, }; ミx  |
            _x≦  }  ',    ,  / {{{{. ` 、  ,  i'´ ‘, ,' ´ ,' |》゙      ≦__|;  ミ{ノ
          _x'^ー    .{ ,  ` 、  ' / /, ̄`《  `' 、 .j  ,' , '´ , /
        ,× `     j , ''    /_/,','.'   `<_ ≦ 、' 、 _>'’
       _《` イ   _,ィz'´, '    _,ノ ,.,'.'      ,' `∠,_ `、 Y
      X`、,ィ_  ィ'´ ノ '   '´ ̄ ' ' ' '     ' ',',',',','   `.、  '.、
      ト、_  ´ファ_,、xァ_xァx'`'´|\ソ\ン\ソヽ=、 ' '     )  }
.       V `T`千千チチZー! ̄           `'´!_   彡,  `ュ
        V                          \  { `、_`=、
        ` 、_,,.二ニ=====--― ''''''~~´ ̄ ゙̄` 'ー 、    \ `ー‐`~
                                ` <._  ゙>x、_
                                    `'' < ,,,二=-

.

183  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「竜は地上に顎をつけると、大きく口を開き、私のことを招いた。
  
  私は竜の体内に潜り込んだ。 竜の喉は洞穴のように湿っており、狭く、暗かった。
  
  私は持っていた松明に火をつけて慎重に進んでいった。
  
  どこかに刺さっているはずの剣を見逃すまいと抜け目なく隅々まで見張りながら、
  
  私はいくつもの曲がり角を進み、坂を登った。 はたして剣は見つかった。
  
  それは喉の奥にあった岩のような硬い肉の塊に深く突き刺さっており、刀身それ自体が光り輝いていた」




: : : : :-、: : :/:Y: : : : : : : :ヽ: : : : : : :ト、: : : 、: : :.{: : : : :‐-、 : : : :Y: : : :ヽ;_;ノ: : : : : :/l: :;/
: : ;_;_;_;_;/ : : :|: : : ‐-: : :∠フ: : : : : |: : \;_;_;_;_;/\: : : : : : : :/-‐ ''" \: :-‐ :/: |:/
/ : : `ー--' \;_;_;_;ノ´ :  `ー-┴― '": : : : `ー--‐, '         ̄ ̄ ̄´
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,.-― '
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : {
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : └ 、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:〉
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ト、
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :└く
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
: : : : : : : ,..-――――ァ――――- 、.: : : : : : `ー‐-‐- 、
, -――- 、∠: : : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : :>―- 、 : : : : : : :.>- 、,..-―- 、
: : : : : : : : : :\ -―- 、,.イ : : : : : : : : : : :∠: : : : : : : ヽー-――-―‐--<: : : : : : : : :}-、



.

184  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「一目見て、それが特別な力を持った魔剣のたぐいであることが窺われた。
  
  私はその剣が自分の物になるという事実に興奮し、焦って乱暴に剣を引き抜いた。
  
  それが良くなかった。 竜は痛みに呻き、体をのたうち回らせた。
  
  当然私は竜の喉の中で七転八倒し、壁に天井に体をぶつける結果になった。
  
  私は剣を取り落としたが、剣は喉のさらなる奥へと転がっていき、失われてしまった。
  
  私は一瞬落ち込んだが、自分を奮い立たせ、さらなる竜の体内深くへと足を踏み入れる決心をした。
  
  竜はあの剣を私へやると言ったのだ。 ならば先へと進んでも文句はあるまい」




               ヽ. . . . . . . . . . . . . . 入  `‐ 、     / ̄''ー‐j. . . . . . . . . . . . . . . . .
                ',. . . . . . . . . . . . . ! ヽ_    ! `>'"     ). . . . . . . . . . . . . . . . .
                !. . . . . . . . . . . /ヽ___ ``‐ーイ/      〃. . . . . . . . . . . . . . . . .
                |′. . . . . . . . . `i| ̄ ヽ--‐t '         \. . . . . . . . . . . . . . . . .
                !. . . . . . . . . . . . .!  ノ'―イ          ヽ. . . . . . . . . . . . _, ‐'"
               ノ. . . . . . . . . . . ,-f      '           ノヽ 、_. . . ._,-‐'"
              <´. . . . . . . . . . /  -、_             ./    `‐'"
  ., - ―‐ー-、       ` 、. . . . . _, -'    | ``ー 、_      _, -'
 |      \        ' -‐'"     _)、  !  `` ̄~ァー'"
  ヽ  、    ~-、_      !         ヽ |``‐ーー‐' !
    ``" `ー、    ''ー-、_   l,          l`ー- 、_., -'
         `ー、     `‐-、 ',           !、r'―┤
           ' -、      ヽ          ,ll  γ.|
             ヽ       ヽ、        ,' `!、ゝ !
              \      ! lヽ、       丶 f
                \     !. ヽ ヽ         !
                 ヽ    ' 、 ``"'''‐ー--‐t---(、
                  !'.、    `‐-、----‐'"   ` 、
                 | `ー、               \
                  l  ' 、 ''ー--、_             ヽ、
                 .l    ヽ、   ``‐ー-、__        ヽ、_
                ヽ!、   ./ "'''‐-、___ /    ̄''ー‐ 、_     ` 、
                  ヽ._ /       /         ''ー--、    ` 、
                    `‐- . __ /              ` 、    ヽ
                             ̄

.

185  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「私は剣を求めて喉の中を進んでいった。
  
  前進するにつれて喉は狭くなり、やがて四つん這いにならないと進めないほどになった。
  
  私の全身は粘液にまみれて汚れた。 そうして苦しみに耐えながらも私は懸命に前を目指した。
  
  剣を、あの剣を手に入れるんだ。
  
  やがて何もないだだっ広い空間へと私はたどり着いた。
  
  そこには一軒の家があり、一組の老夫婦が住んでいた」





                                   ___
                                  ,___|__|___             、x,、
                            、    /\           / ̄ ̄/\    ,x'`   X爻x
                  ,、x,、x '^ΧXx/   n \        /    /   \ x爻       爻,
                 ,、X  X、、  x爻i= ┌'‐'┐ \___/__/____゙狄x  ,x    、xXj
         ,x爻,xjxjX,、 、xjXΧx、j爻x,、xX狄}ロ | 冂 |   ,|三三| ┌┐ |  n п |爻Χ爻,、,XΧXj、 ,xX爻x
  ,爻,、xjX爻j爻j狄j狄j爻狄j爻爻爻爻狄狄カ}ロ | 凵 |x爻|三三| └┘ |  └└ ,|狄爻jX爻j狄爻爻x爻爻狄j,、 ,x_,、
~````^`^`ニ``二^丶ヾ`ヾ^`二`三^二`三Ξ`二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~~~~~~~``````````二`三Ξ`ニ^`二ヾ`ヾ``二``ニ^`~`
                   ̄ - - - -  ̄   _‐_ ̄ -_-_ ̄- - - ̄ - -  ̄



.

186  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「夫婦は竜の体内にもう何十年も住んでいるということだった。
  
  私は数年ぶりのお客様ということで彼らの歓待を受け、お茶を振舞われ、御菓子をご馳走になった。
  
  私は落ち着いてから、一本の剣がここに転がり込んで来なかったかと尋ねた。
  
  魔力を持った特別な剣で、刀身は光り輝いている。
  
  夫婦は見ていないと言う。
  
  もしかしてここに来るまでの間に私は見落としてしまったのだろうか。
  
  あるいはもっと奥深くに剣は転がって行ってしまったのだろうか。 私は気を落とし、がっくりと項垂れた」




                   > '' ´ ̄ヽ
                   /     __/
                /        マ/ム
                  /       ´ ̄ ̄` 、
                 ,イ/ /   "       ヽ
                  / /  /     _    Y
              / /  l    ̄`ー'´ ̄   !
                 Ⅳ ,x-j /⌒ヽ  〃⌒\レ-、
                | l ! フ'/<・》}  {《・>ヾ \}
              \〉'/! ´^'''´/   ∨`'''^ ト、 \
               /,イ`¨',/{__,ゝ、__ノ、_}\/¨´ト、 ヽ
                 l/l ,' : }     ,人     { : | '
              从_,イ从/l/   \lヽ从_ノ |/
                   _/,イ            ゝヽ__
            _,.   ´ |: : :.}   / / | | ヽ   {: : :| `ー  _
.      r '' ´      ∨: 从           从: :/      `ー _
.      |          ∨: : :.ヽ      / : : /1         i、
.      ∧          ∨: : :.∧      ゝ--' !          i i
..    / |             \: : :∧______ノ            i !
      l |             \: : : /: : : : : :/           i i
      | |              \/: : : : : :/             i  ト、
      |  ヽ                  /: : : : : :/               i   ! i

187  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「そんな私の様子を見て、夫婦は尋ねた。
  
  どうしてそんなにも力を欲しているのか? お前さんには二本の腕がある。 それで既に充分ではないか。
  
  私は答えた。 いいや、二本の腕だけでは充分ではない。 あの剣があって初めて私は完成するのだ。
  
  誰をも殺せる力を手にして、初めて私は私になれるのだ。
  
  私がそう言うと、夫婦は突然両の眼から涙を流し始めた。
  
  お前さんは哀れな女だ。 女でありながら人を憎むことしか知らない。
  
  人を傷つけることは自分を傷つけることだという奥深い真理を、お前さんは未だに知らないでいる」






                                ____,,..、-―‐''"´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             ,.. --――――――r''"´ ̄ ̄ ̄;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            /           /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
              j             /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             /   | /       |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
             /  ,- 、Y        l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
          '、  _,.-'        ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           ア´           ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           !     _,,.. ァ、___ ,. -';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
           ` ‐、__7´`"´      ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-―――――
                          ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-―‐ ''"´ ̄
                             ̄ ̄



.

188  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「私はその言葉を聞いて激昂した。 私を憐れむんじゃない。
  
  この二本の腕だけでもお前たち老人を殺すには充分なんだぞ。
  
  すると夫婦は泣くのを止め、神妙な顔で語りだした。
  
  お前さんがそう言うならもはや止めはしまい。 あの剣を持っていくといい。
  
  実は先ほど拾得していたのだが、人の身には危険な代物と思い黙っていた。
  
  老夫婦はそう語ると鞘に収まった剣を私に差し出した。
  
  抜くと、刀身は光り輝いており、確かにあの剣だった」




   __,,,,,_                               r‐、
  ̄    `"'ー 、,,._____                       |: |i.γ⌒ヽ/⌒ー=ニ二ニ
 ..:.:.:::::::::{::.:....    ` ̄´ノ                     |: ||(    \   ` ̄"¬
 ;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;_    __∠、_____________ ________.|: ||Lト、    \
          ̄ ̄    「!                  |    ::|: |  i!ヽ、     ヽ
                |i                    |    ::|: |  i! ||ヽ、
                |i___________|     :::|: |  i! ||  入
 .__                |i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::|: |  i! || ./  \
 > `ヽ、  _..,,..        |i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::|: |  i! ||/    \
     \γ   ̄`ヽ ..__|i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::|: |___i!/´ ̄ ̄`""''''''
 \    ゝγ ̄)   ` ̄i}. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|: |/
   ` 、    `く    /                           |: |にニゝー-― 、._
 ヘ   `>、_  ノヽ-′                          !:_!          ``ヽ
   ヽー ′  ̄



.

189  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「私は礼も言わずにその剣を受け取ると、自分の腰に提げた。
  
  剣はもう何年も昔からそこにあるかのごとく、私の腰にぴたりと据わった。
  
  それから私は老夫婦の顔を見ながらしばらくの間突っ立っていた。 殺そうかどうか迷っていたのである。
  
  だが老夫婦はそれよりも早く話題を切り出した。 どんな傷でも治す魔法の水が欲しいか?
  
  私は面食らってなぜそんなことを言うのだと聞き返した。
  
  すると老夫婦は答えて言った。 お前さんは戦場に出るつもりだろう。
  
  それも繰り返し何度でも。 我々はお前さんがひどい怪我でもしないかと心配なのだよ。
  
  私は問い返した。 私が人を殺すのをあなたたちは止めたいのだろう? なら、なぜ私が死ぬ心配をするのだ」




               /        , -―‐ \
             〃 /                  ヽ
            / /     / //       }
             {      / / /   /      ヽ
           /     , -‐' / /   / /  /  /l ハ
          〈  /        {l  ,' ;  /  // / |
             〉 {     、 ___jL __」__」 -|-、// /  ;
          ゝ ゝ     /〈  j/  ,,  ̄ ̄`' / / /
           [三三!    八_}     \( 〃//
          〃 {  `  ァー'        ´ {^⌒´
             ゝ ニ=-イ´  l 〈     , -‐   }
             r 〈   |  \  / ‘ーァ' ̄
             人 `  ー‐くヘ _/´
           /  丶     /ヘ-┐
          ,      \ _/、 V__
           /      _   \ ヽ|
            /    /´   `\   〉
         ,    /       ヽ   ヽ
         l l  /       l  ',  ハ
         | ', /   \     l |  li
         |  V{ |    \  、|  l|
         |  ‘、l        \ 丶|   l|

190  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「しかし老人たちはその問いには答えなかった。 彼らは私を家の裏にある工房に招いて言った。
  
  ここは竜の胃の中である。 胃の粘膜を切り取って、土代わりにして焼いた陶器は、魔法の壺として役に立つ。
  
  中に入れた水が傷薬の代わりになり、持ち主の命を救うのだ。
  
  ただし作陶を行った本人にしか効き目はない。
  
  私はそこで老人から壺を焼く術を教わった。 竜の胃の中で、不思議と私は壺を焼くのに夢中になった。
  
  最初はいびつな物しか作れなかったが、次第に形の良いものが出来上がるようになり、私は満足するようになった。
  
  このままずっと壺を焼きながらここで暮らすのもいいかもしれないと思ったほどだ」




;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:: : : : : : : |_____    | : : : : : : : : : : : |  |: : : :            ``'<=_=_=_=_=_=_=_=_=_=_=
:::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : :  ̄~¨“| : : : : : : : : :   |  |: : :               ``'<=_=_=_=_=_=_=_=_
_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:,,|: :_:_:_:_:_:_:____,|  |_______________。s≦「二二二
:|::|_ ¨ニ=‐rー────ー‐───|| ||::||ZZZZZZ|  |ZZZZZZZZZZZZZZZZZZ| ̄ ̄ ̄|i:i:i:i:i| |───
:|::| |ニ=- .|__________匚]|| ||::||__|___|_|  |..|__|___|__|:|┌─ーー┐!:::::::::::::: |i:i:i:i:i| |:i:i:i:i:i:i:i:i
:|::| |ニニニニ| | ̄ ̄ ̄ ̄ |ii|¨:| | ̄ ̄|| ||::||¨¨ |¨¨¨¨:|  |丁 丁¨~¨~|¨~¨:|:|::|       | |::::::::::::::::|ニニ:| |:i:i:i:i:i:i:i:i
:|::| |ニニニニ| |         |ii| | | ̄ ̄|| ||::||   |    .|  |..|  |     l   |:|::|─── | |::::::::::::::::|i:i:i:i:i| |:i:i:i:i:i:i:i:i
:|::| |ニニニニ| |         |ii|¨:| | ̄ ̄|| ||::||__|_______|  |..|_|___|___|:|::|       | |::::::::::::::::|i:i:i:i:i| |:i:i:i:i:i:i:i:i
:|::| |ニニニニ| |         |ii|‐:| | ̄ ̄|| ||::||¨¨¨¨¨¨|¨|  |丁~¨¨:|¨¨|¨¨¨~|:|::|─── | |::::::::::::::::|i:i:i:i:i| |───
:|::| |ニニニニ| |         |ii| | |__|| 「三三三三」__|  |..|__|_|____|:|::|       | |::::::::::::::::|ニニ:| |───
:|::| |ニニニニ| |         |ii|¨:| |¨¨¨¨|| ||___||¨~:|  |¨二二二二丁¨¨|::|____| |::::::::::::::::|i:i:i:i:i| |:i:i:i:i:i:i:i:i
:|::| |ニニニニ| |         |ii|‐:| |__|| || ̄ ̄ ̄||___,|  |-┴┴-ミ──,、-─-ミ   | |::::::::::::::::|i:i:i:i:i| |:i:i:i:i:i:i:i:i
:|::| |ニニニニ| |         |ii| | |¨¨¨¨||_「三三三三」__|  |≧=‐=≦|___|≧=‐=≦|__|_|_::::::: ::|〕iト。| |:i:i:i:i:i:i:i:i
:|::| |ニニニニ| |         |ii|¨:| |¨ア  ⊂ニニニ⊃ `¨¨≧=‐‐=≦三丁≧=‐‐=≦``~、、≧s。|i:i:i:i:i| |i:i:i:i:i:i:i:i:
:|::| |ニニニニ|_|_____|ii|_,,| |_|二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二| ̄ ̄≧s。|_|:i:i:i:i:i:i:i:i
:|::|_|>''"´ .  . : : : : :, :, :, | | 冂    |┌─┐|     |┌─┐|    |┌─┐|   [] ̄ ̄ ̄ ̄¨¨¨¨¨¨¨¨
:|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/凵    |└─┘|     |└─┘|    |└─┘|   冂、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:|‐_‐_‐_‐_‐‐ : : : :       |二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二|:〕h、 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:|‐_‐_‐_‐‐ : : : : :        |                                  |弌i:i:i〕h、 ̄ ̄ ̄
:|‐_‐_‐ : : : : : : . .     |_______________________|:::|i:i:|ミi:i:i:i〕h、 ̄ ̄
:|_______________,| ̄:| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| ̄| ̄| ̄{`¨¨¨´}`¨¨´ヽ ̄| ̄| ̄|: : |i:i:|i:|``'弌i:i〕h、 ̄
:| :, :, :, :, :, : : : : : :     |  :|: / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.:∧ |  | ̄{`¨¨¨´}   T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'弌i:i:
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |  :|/: : : : : : : : : : : : : : :∧|  |  乂_乂ゝ_,,..| \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`'弌
:, :, :, :, :, : : : : . .     / ̄└─--=ニ  __    ̄二二二二二二|:|\\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:, :, :, :, : : : : :      /    . : : : : : : : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:|i:i| \\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.

191  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「だが腰に提げた剣は私に訴えかけるものがあった。 力を試してみよう。
  
  この剣なら大の男が相手でも木の板を割るようにたやすく切り伏せることができるはずだ。
  
  夜寝る頃になると、私は自分が戦場を駆ける姿をくりかえし想像した。
  
  それである時、私はこれが最後だと決めて、渾身の集中力を持って作陶にとりかかった。
  
  結果は満足できるものだった。 深い緑色をした端正な形の壺が焼き上がった。
  
  私はそれを持って竜の体内から帰るつもりだと、二人に向かって宣言した」




           ______       rニニニニニニニニニニニニニニニニヽ
         /      `ヽ    ≧___________≦
         l    ___     ',   ./                  ',
         |   〃  `ヽ    ̄ /                     ',
         |  /       \__/                    ',
         | {            /二二二二二二二二二二二二二二',
         | l           ./                          ',
         |.  \       /                             ',
         、   ̄ ̄/ /                           ',
          \__  } ./                               ',
             }二リ                               ',
          r== ノ /l                             l
          l У / .l                                 l
            ̄    |                                  |
                 |                                  |
                 |                                  |
               \                           /
                      \                         /
                      \                         /
                      \                  /
                      ≧二二二二二二二二≦
                       {              }
                      ` ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´

.

192  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「二人は私に向かって強く頷くと、私のことを抱きしめて言った。
  
  願わくばお前さんが慈悲の心に目覚め、平和に暮らしますように。
  
  私はもうこの老夫婦を殺そうとは思わなかった。
  
  思えばこんなにも私に良くしてくれた人は、これが初めてかもしれなかった。
  
  私は小さな壺と剣を伴って、もと来た道を帰って、竜の体内から外へと帰還した」



                         _,. -――- 、
                       /´    -‐、 l -- 、
                    , -‐'        }ノ--、  \
                   /        /ヘ ヘ       ヽ
                 /    / ,/ // ⌒ ⌒l: | |      ',
                 /  /  :/ /{ //      |: | |:  |  |
                〃  :| : :{_ { ',: {:{ , ―- 、: /:/:  ,  八
                 , |  :!: /:、X ヽN  ,二/イノj: . /   ヽ
                  { |: { ‘: :/ニ     ィfヒ_ハ ヽく_/{: : : :  ',
                ヽ.',:乂//fヒ::ハ      ゞ--'  ニ }//\_: :   }
                / \ハ ‘ニ´ノ::}   ` ̄     〈 ノノ: :  /
                {: : ハ`T    jノ         ,  /:  /
                丶 :_::-!        , ヽ   /ー': : ァ'´
                  八__:、く `ー_ ̄  ノ  /: : ァー'
                     \_、     /__/:_:ノ
                          \__,ノ/  {ァヘ
                       /ハ   / /  〉、
                      / /ノ}  //  /  \
                    / / /   /  /     丶._
                , -‐'´ /  /  /    /           > 、
                 /l l /i⌒) j /(⌒\ /        /    ヽ
                  | | |  く / /  / Y       / /    /   |
                  |八 |  /V/           l / /   /  |

193  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「竜は私にお礼を言うと、その場で眠り込んでしまった。
  
  私は生まれ故郷の村へと帰ると、かねてから思っていたことを実行に移すことに決めた。
  
  すなわち虐殺である。 私は母に会い、なぜ私を産んだのかと尋ねた。
  
  母はこう答えた。 若い頃、自分は森の中をさまよい、深い洞穴に足を踏み入れた。
  
  私は帰り道を見つけることができず、洞穴の中で迷い、疲労と、道の途中で負った足の怪我のために死にそうになった。
  
  私は諦めてそこに倒れ、死を待った。 ところがやがて洞穴の奥から大きな狼が一匹、姿を現した。
  
  人の身よりも遥かに大きい、だが優しい瞳をした獣である。
  
  彼は私の足を舐めて治してくれた。 それから光り輝く林檎を取り出すと私に与えてくれた。
  
  私は空腹のためにそれにむしゃぶりついたが、林檎はとても甘く、体中に力を授けてくれた」



                          、 、、  ,,
                         >''" : :   ; ;  ; ; ` 、
                    /: :   : : : : :  : ;   : : :゙ 、
                    / : : : : : ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : ヽ
                  / ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; , \
                / : ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; : ',ヽ
                '/ : : i;ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; : : : : : ヘ
               〃 .: :i:;:;:;:;\; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;  ヽi
               / : : ';:;:;:;:;:;:;:\: ;;;;;: : : : : : : ;>,''"i; ; ; ; ; :  ヘ
               '/ : : : ゞ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ´:´;:;":;:;:;:;:;:;:リ; : : : : : : `i
               / : : :彡 ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; :;:;:;/; ; : : : :  ヽ
              / : : ,ィ ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;く; ; : : : : : 、`
              /: : : : メ; ; ; ;  ':; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;  ヾ : : : : : ヘl
              リ: : : :∧; ; ;  ト,、; ; ; ; ; ; ; : '"; ; ; ; ミ ; ; ; ; ,ト
               イ: : : : : へ .; ; ,`ーl; ; ; ; ;/ィ7'´ .; ; ' ミ; ; ; ; ; ヘ
              ,li: : : : : : 'ヽ,、 .; ; ,' ; ; ; ':i´ .: ; ; . ,ヘリ: : :   i'
               i: : : : : : : : : ヽ; ; ; ; ; ; ;   i i /i/: : : : : イ
              ,' : ; ; : : : : : : : i ; ; ; ; ; ' '/iV': : i: : : :  i|
              i : :〈: : : : : : : : l tェミ  /:;; ; ; ; i:/: : :   /i
              l: : : ヘ: : : : : : : ゙ー、ニ彡: : : : : l': : : :  /
             ,ハ: : : ヽ: : : : : : : : ヽ: : : : : : /: : :   /
             /:ヘ: : : : ∨: : : : : : : :ヽ: : : ,.イ: : : :   ,'
            ,': : ヽi: : : : :ヘ: : : : : :  ヽ /: : : : :  ,
            /: : : : 、: : : : : ゙ヘ: : : : : : : \: : : :  ,
           ;: : : : : : :、: : : : : i;、;;;: : : : : : : 、: :   i
           / : : : : : : ゙:、: : : : : : i:iヘ: : : :  ヽ  il
           il: : : : : : : : ハ: : : : : lil:i::;i:ヽ: : : 、 、ヽ;{
           |: : : : : : : : ヽ,メ: : ,lilili:;il_〈:、: ヽ: ノ乂ノ‐、
           ',: : : : : : : /三ニ三ニニ三三三三二≧zz、
            .、: : : : : /二三三三三三ニニ三三三ニ,"メヽ、
            ヽ: : : : i三三三ニニ三三三三三三 ニニl

194  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「また狼は柔らかい毛皮で私のことを包み、寝床を提供してくれた。
  
  私は一晩彼の元で眠ると、翌朝洞穴の中を案内してもらい、出口へと導いてもらった。
  
  出た所は私がいつも森で遊んでいる場所であり、そこから村へは案内なしで帰ることができた。
  
  私は狼にお礼を言うと別れ、家へと向かった。 それから数か月後、私の腹は膨れはじめ、妊娠していることが発覚した。
  
  それがお前だ、と母は言った。 そんなことよりも、と母は続けた。
  
  この桶に水を汲んできて欲しい。 料理のために水が必要である。 そこで私は桶を取ると村の共用井戸へと向かった。
  
  それは村の外れにあり、道行く途中は太陽が照り付けてきて暑かった」





               '" ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧
              /|                  |l             ∧
              /:.|                  |∨            ∧
             /: :|                  |: ∨            ∧
            /: : |                  |  ∨            ∧
           ∠: _j                       |  ∨________ ∧
               :|                  |             |
               :|                  |             |
               :|                  |             |
               :|                  |             |
               :|                  |             |
               :|                  |             |
               :|                  |           __j
          -=ニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ=-


.

195  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「私は汗をかいた。 歩いていると向かい側から、大柄な中年の男が近づいてきて、私に向かって大声で囃し立てた。
  
  狼の子がいるぞ! 狼の子が汗をかいて歩いているぞ!
  
  私は男を睨みつけたが、男はニヤニヤと笑いながら去って行った。
  
  それから今度は若い女性の集団が私の横を通り過ぎた。
  
  彼女たちは私を横目で見ながら、狼の子は汚い、臭い、なぜ森に帰らないのかと言い合った。
  
  私は彼女たちのことを無視したが、女たちは私の後ろに回り込むと、桶に汲んだ水を頭に浴びせてきた。
  
  彼女たちはきゃあきゃあ言いながら走り去っていった」



              ,-、:':ヽ              _                ,.:‐、:^ヽ
             ,.:'::::::::::::::::)            ,.:'´:::::::ヽ             ,':::::::::::::::::',
             (::::::::::::::::::::)         ,!::::::::::::::::::i           ,.!:::::::::::::::::::::'、
               (;:::::::::::::::::::::'、        i:::::::::::::::::::::',         ヽ- 、::::::::::r -:'
            ,.'::::::::::::::::::::::::i、       _,':-':::::::::::::'-.、          ,...::'´:::::::::::`::‐:.、
              ,'::::::::::::::::::::::::::::::'、       ,:':::::::::::::::::::::::::::::::`:.、        !:::::::::::::::::::::::::::::::::',
              !::::::::::::::::::::::::::::::_':、.     ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i       i::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           ,'::::::::::::::::::::::::::::::i     ,'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!     i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
           ,'::::::_::::::::::::::::::;::::::',    !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',       !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
           !::::::',.,':::::::::::::::i'::::::,'     !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i     i::::::::::::::::::::::::::::i';::::::::',
              '、::::::::::::::::::::::::::::;:'     i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;!      !::::::::::::::::::::::::::::','、::::::'、
            'i:::::::::::::::::::::::::;'       `;::::::::::::::::::::::::::::::::::::';!::::',.     !::::::::::::::::::::::::::::::i ',::::::;!
             !::::::::::::::::::::::::!       ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::_:;::'     ':;::::::::::::::::::::::::::::i !:::::'、
            i:::::::::::::::::::::::;!       !:::::::::::::::::::::::::::::::::::i       i::::::::::::::::::::::::::::i. i::::;' 、!
            ,'::::::::::::::::::::::!         ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::!         !:::::::::::::::::::::::::::!. !;;;;!
             i:::::::::::::::::::::::i.        ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i       i:::::::::::::::::::::::::;'
            i:::::::::::::::::::::;′       .!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!       i::::::::::::::::::::::::i
             !:::::::::::::::::;'         i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i          !::::::::::::::::::::::;!
             ,!::::::::::::::;'         i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;!       i::::::::::::::::::::::!
             i:::::::::::::::i          !::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_i        i::::::::::::::::::::i
             i:::::::::::::::i         ^ ‐、;::::::::;、;;::::::::i'^´            !:::::::::::::::::::i
         .    i:::::::::::::!           i::::::::i. ,.!:::::::i           ',:::::::::::::::::;'
             i:::::::::::i           ,'::::::::;! ';:::::::::'、             i::::::::::::::;:!
               !::::::::::i          ,..:'::::::::::i ';::_::::::::`;        ,..::':::::::::::::::!
              ,':::::::_:::::ヽ        i:::::::::;: '´    ヽ::::::i         !::::::;: '´':;::::::':,
               ,':::::::;' ';::::::!       ' - '         `       ` '´   '、:;;:'
             !::::;:'
             ` '
.

196  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「私は水浸しのまま、井戸に向かって歩き続けた。 道行く後に水が点々としたたって線になった。
  
  さて、今度は年老いた男性が杖をつきながら、後ろからやってきた。
  
  彼も井戸に向かっており、私が誰だか分かっていない様子だった。
  
  私は男の空いている桶を代わりに持ってやると、お礼を言われた。
  
  それから彼は愚痴を言い続けた。 息子の嫁が自分を疎んじ、邪険に扱ってくる。
  
  今日も腰が痛いというのに水を汲んで来いと言われた。
  
  息子もその女の味方をしているから、もう村のどこにも自分の味方はいないと言う。
  
  私は気の毒だと同情を示した。 すると老人は突然怒り出して叫んだ。
  
  それもこれも皆、狼の子のせいなのだ!」



                     ,,、、、、、、、、、、、、、、
                  ,.:.:;:;´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:.:.`丶、
                ,r'´;:;:;:;:;:;:;;;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;:;:;`ヾ;:;:;:;:;:;:;:`ヽ
              ,r'´;:;:;:;:;:;:r'r'r';:;:;:;:;:;:;ミミミ:.:.:.:.:`ヾ;:;:;ミミミヽ
            ,;'´;:;:;:;,;r;r;r;;:;:ヘヘVミミミミミヽヽトト、;:;:;}三三ミミi!
            リ;:;:;:;イ;イ;:イイイイ´`'゙゙゙j;!:;};:川州州トト、三三ミミl!
             {;ji;:ji;:ji;i川川   リ リ リレ' j リリハ;}ミヲ⌒ヾ;:}
             {;川州州ト、 `; .;,r'´_,,,..、、--ュ   ミ ハ ,リ
              从从ト ,.ヘ、,,ノ八ゝ-_ー<´_``  ;ミ い 1
                ```ゝtrrェン 孑'´`ー='‘'-  : ;  ノ イ
                   ト こン'´   ``  ´ . ;  1 ノ '.`ヽ、
                   !  i  ;:;:、 - 、  ,.イ  「   '...:.:.:ヽ、
                   入 .:.:L_,. ‐' ; .`ヽ`¨´ { ; ;ノ ゙,  1:::::::::::
                 // / ゙、 、,,.._ _ __ ソ ′; ノ;/  ;  j}::::::::::::
                /. :/ /  '. こニこ_´, ; . ;r'/   .:  ハ::::::::::::
               /. : : / /  〃ヽ ; . ; . ; .; ; ,,r'´    / / j!:::::::::::
              /. : : /   〃. :. :ゞーー‐'´      / /  i:::::::::::
              /: : : /   〃. :. :.: /   /       / /  j!::::::::::
             ,/: : : /   /. :. :. :/   /       / /   j!:::::::::

.

197  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「かつて森の奥を訪ね、邪悪な狼とまぐわった女がいた。
  
  そいつが狼の子を産んでからというもの、村には定期的に災いが降りかかってくるようになった。
  
  霊の正しい循環が妨げられているのだ、と老人は言った。 昨年の不作もその者のせいである。
  
  やがて我々は井戸にたどり着いた。 私は自分の分に加え老人の分の水も汲んでやり、帰途についた。
  
  私は家にたどり着くと、水の桶を母に渡し、その眼を覗き込んだ。
  
  母の瞳はよどんでおり、うつろで、何物も映してはいなかった。 私はだしぬけに母を斬った。
  
  竜の体内で見つけた剣は思った通り人体をたやすく両断し、母は腰から上と下に綺麗に分かれて床に転がった。
  
  母は息絶えた。 体が返り血に染まったので、私は汲んできた水で自分の体を丁寧に洗った」




                                   ,ィ劣王ミ::、..___
                           ,...._    寸圭圭圭圭圭}
                         r:升圭少    ``x圭圭少´
                          `¨´             ̄   ___
                     <:少        ,..xュュュュ、       〈圭圭心,
                             {圭圭圭圭圭圭ヽ    ̄¨¨¨´
                         __........__寸圭圭圭圭圭リ
              ,.......xュョョュュ.、,....ィ升圭圭圭圭圭圭圭圭少
              `寸圭圭圭} 寸圭圭圭圭圭圭圭圭圭K._
                `¨¨¨¨´ ,佳圭圭圭圭圭圭圭圭王圭圭}
                  {少r:ゞミ王王圭圭圭圭少'´ ̄¨¨¨´
                    {圭圭圭沁 `¨¨¨´ f壬心
                    寸少' ̄ r劣}    弋圭ヲ
                           ̄



.

198  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「それから私は夜を待ち、各戸を襲った。
  
  暗闇の中でも刀身はおのずから光を放ち、次の目標を照らし出した。
  
  剣の案内に導かれた私は次々と村人たちを切り伏せて、やがてすべての人間どもを殺害した。
  
  すると心がとても晴れ晴れした。 人を殺すと心が安らかになることを私は発見した。
  
  これが私の天職なんだ。 そうだ、これからは傭兵として様々な戦場に出て行こう。 そう思った。
  
  全身が汗でびっしょりとしていたので、日が昇るのを待ってから井戸を訪ね、体を洗った」




                               /:::::::::/ :  ./
                           /:::::::::/ : ; /
                            /:::::::::/ : ; /
                          ./:::::::::/ : : /
                         ./:::::::::/ : : /
                         ./:::::::::/: :: ./
                        /:::::::::/: : : ./
                  _  _ /‐-.、/: : : /
                 ./-―--――--`、 、ヽ/
                 ヽ_:::::::::::::_-―-::、:::::::丶丶_
                   ̄ 、_:r=‐-:::、:::::7::::`‐-丶
                 _  -‐' ´   ` 、:::7::::::::::::::::::)
     __.....--、   _  -‐ ´    -一  丶、 `ヽ ̄  ̄
---‐' ´::::::::ム-‐`' ´            、  ` .、 l
::::::::::::::::::::::/                  \  l'
::::::::::::::::::::/                 、  \ノ
:::::::::::::::::::l                   \, 1
:::::::::::::::::::l    ‐-、         -‐丶__  〉'
::::::::::::::::::::',,...::'´:::::::::l`  ‐-‐ 7´<>:::::::/、__ノ
::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::/     /:::::::::::::::::::/
::::::::::::::::::::::::丶::::::ノ     /:::<>::::::/


.

199  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



  「私は最初の目標を達成したことを嬉しく思い、あの老夫婦に報告しようと心に決めた。
  
  そこで翌朝に森の竜を再び訪ねたが、そこには何もなかった。
  
  竜はおそらく飛び去ってしまったのだ。 私は残念に思い、かつて竜のいた辺りをうろうろと歩いた。
  
  すると一匹の蛇をそこで発見した。 私は蛇を腕に巻き付けると、次の場所を目指して旅立った」




                                _
                         ___| !_   /:::::::`//
              .        ,..::"::::::::::::::| |:::`::.、i::::::::::、//::ヽ
               ――--/:::::::;: -―-l l、::::::::::ヽ::::::::ヾ.:::::::`::- ..、
                ―‐--l::::/ ,_-―' .゙'` 、:::::::::ヽ::::::::ヾー--、::::ヽ
                   l::::i  (,,_ヾヽ ̄ ̄ `ヽ、::::::::::::::ノー、、ーヽ :::l
                   ヾ:ヽ.    ̄`ヽ.__ `''ー''"  ヾ:、ノ:::ノ
                     `''`ーz‐::γ´::::::;;::::。゙ヽ      ヾ:<
                         /::::::::il:::::::i´ ト-‐く_
                       i::::::::/ ヾ:::::! l   `
                       ヽ::::::゙ー:'゙::/ ノ
                        ヽ::::::::;.イ/
                           ̄ ̄



.

200  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 20:21:09 ID:71883176



             ,.:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:―- ..、
           ,.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':.、
           /:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.,:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、
           ./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.://:.:.:.:.:.:.:.:.:,,..、:.:.:.:.:.:.',
        ./:.:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:/:/:.::.:.:.:.:.:.::./ヽi、}:.,、.:.:.:.',
       /:.:.:.:.:.:.::.:/:.:.:.:/:/:/.,_/::. /    `ー|:.:.:.:.:l     「私はその後、数々の傭兵団を渡り歩いて戦場を駆け抜けた」
       ,':.:.:<´二/:.:.:.://:./_,._, `/ 、      .|:.:.::.::l
       ,':.:.:.:.:.\.l:.:.:.:.:|/i/ /{ ソ > 、_\     |:.:.::.:.l
       ,' .:.:.:.:.:.:.:.:j:.:.:.:.:l. |//`ー'- `   _,,-‐-j:.i/:.:.j
      ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:l             /ソ7´/::.|:.:/
     ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:|、    、     i/:.//|/
     ,'.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:,|:.:.:.:.:| ` 、    ー‐  イ:.:.:.:´i:.:.{
    ,':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/|:.:.:.:.:|:  \_  イ:.:.:.: |:.:.:.:.:.:|:.:.|
 _,,..r''´ ̄`''ー-ノ`|:.:.:.:.:|__/=、,,、|:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:|:.:.|
´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`ー、:.:.:.:|―‐〈_、;;;r 、`ーr'`ヽ:.:.:lヽ:.|




                  _,.     ̄ ̄`  、
   ../, ̄:\ ,  ´ ̄ ̄´            `
   ./:://:::::::::::\                    \
   .|:::| |::::::::::::::::::\_ _,.. -――::___ ̄≧、___    :.
   .|:::| |:::::::::::::r-- 、`ヽ--/ イ ̄{/∧/  /∧⌒\  }
   .{:::{ {:::::::::::::}  /∨_{//__}: : :\__ノ: : |_,/⌒ヽ/       「ここ最近、大掛かりな戦争は起きていないはずだけど」
.    \:::、::::: 〈 /: : //: : ': : ': :/: : : : : : 、: :|:|: : :∨⌒ 、
  ..r::::r\/:::∨:': :': |: :_|:_:_|: :{: : : : :|:_:!」:_: |:|: |: : :. _ノ
  ..{::::{ {:::::::::::: {/|: |: :{: /{Ⅳ{:从: : : : }从}/从|: |: : :∨   \ 、
   .マ:::マム::::::::::::,{: {: |Ⅳ,ィチ丐ミ∧: :/ィチ丐Y}: ;: }、: :.     ∨\
    . \:マ::::::::::/ 从:{: :ム ヒ:i:リ ` ∨ ヒ:i:リ /:イ:/: :Ⅵ     }// \
    .//\-=:/  /:\:} 人    '    ムイ: : : : }      /////∧
.   ,'//∧ ̄  ,: :{: {: {: : :>  ` ´  イ: : /: : : : /    ///`ヽ/∧
   .//// マム  从 八: ヽ:}: :,.ィ} `¨´ ,ト、: {:イ: : :{: /     //イ   マ/ム
.   ////  /ム    /⌒乂{  \ / }l}フ⌒ヽリ___////∧   ∨∧
. //// ,、/' マ\_/   乂:,  ,ィ介、 //フ   ://////'  \}    ∨∧
. ////イ  l/、\_/   / 、∨乂__ノ∨イノ    \¨¨´ ̄`ヽ´ `ヽ  ∨∧
.,'///      /    ,:  /:::::::::\/  :.      :.         \ },//〉
.{//{        {     {  /::::::/::{::::::::::>  }     }          /イ//
.∨イ       \     :. \:〈:::::|::::イ   ,     イ}           ///
 ∨         〈乂>r- }   `ヒ|ll|フ     /、-rイノ'           //イ
.           /   / ,ィ、    ヒ|ll|フ     {|   |          /´