塔について III

レス数:450 サイズ:1183.21 KiB 最終更新日:2021-03-27 09:45:10

6  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 19:55:12 ID:71883176



  一方で小さな壺のかたちは端正で、陶磁の肌が深い緑色を帯びていた。

  壺の首は細く長い。 私はその部分を握って壺を宙に持ち上げ、しげしげと眺めてみた。

  陶器は軽く、滑らかな触り心地がする。 上端の口が正確に丸い円を作っていた。

  そして胴についた二つの取っ手が描く曲線は珍しい種の蝶の羽のようだった。

  おそらく市に出せばそれなりの値がつくに違いない。




                     〃 `ヽ、    __
     _,,. ..,,_          i{   ゚:,丶  /⌒ミ=‐--、 )
.    , ´  丶、 ´"'~ .,   ゜.,,,.  ゚/⌒ー-‐''"´ ̄ フて
   {       `、    `丶、    {/〃, ´ _,. -=彡イハ
.    ゜.,ノ       :,      ` 、  { i{イ  ,ィiΞ竺彡'‐Ⅴ
             ゚:,          \ フ从 i{i{弌う  う》)
                ゜.        `、 {フ乂 >ー ___ ∥)
                ゜、           `、ノ从` .,_ー'/
                > ..,,,__  =ミ、`、_}}〕:::::::::[_ _,,. 、、.,_
             , ´´ '⌒ヽ ``ヽ、〉⌒ヽ\:::::::::::)h、  ´"''~ー- ..,,,__
            {:,   :,  , :,  \ :,  ,,...,,_):::::::::::::::::)h。.,  {:::::::::::::::::::::::::::::::::::ニ=-  .,___,,,....,,_,,. ィ
             `~ー ``` ':,   \(:::::::::.\::::::::::::::::::::::.ヽ"'冖¬ー--===ニ:::::::::::::::::::::::ノ<
                        ``ア`` `、::::::::::::.':;:::::::ノ:::::::::::{                 `ヽ::::{;;;;:::::`ヽ、
                     , ゜     `、:::::::::::Г::::::::::::::::::,                `、\\\′
                        ,:゜       /⌒丶゚:;:::::::::::::::::::}                 ヽ \> ′
                    ゚:,__,,.    _/ -=ミ::::::}::::::::::::::::;′
                        └ 彳::::::::::::::乂:::::::::::::
                          //`:::「ヘ {^ヽ>:::::::::,
                            〈/ , '|::| V::::::::::::::::::;}
                                ,′`′ ∨:::::::::::::;゜ :,
                             ;     ';:::::::::::/  ゜、
                              {      \:::/  ,.、、、、
                            ゚。    ,,. .,`、/.:::::::::::ム