塔について III

レス数:450 サイズ:1183.21 KiB 最終更新日:2021-03-27 09:45:10

49  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 19:55:12 ID:71883176



  女の言葉で、私の心は未知の世界に足を踏み入れる期待にたかぶった。
  
  だが女は制止した。
  
  「しかしこの部屋では駄目です。 男の方が眠ってらっしゃるから。
  
  どこか二人きりになれるところに行きましょう」
  
  私は男の言っていたことを思い出した。 この家には二階があるのだ。
  
  そこに行ってはいけないという男の禁止を忘れていた訳ではないが、
  
  私はそれを振り切って女を二階へと誘った。




                 \              /
                  \           /
                   \_____________/
                   |  ______  |
                   |  |    |  |
                   |  |    |  |
                   |  |    |  |
                    ,__|_|______,|_|__
                 /i==============iヽ
                ./f───────┴iヽ
                 ./ト────────┴iヽ
               /. |  .  . ... .....:..:.:.:.::.::.:::.:::|;::ヽ
              ./[ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄]ヽ
               ./ | . . : : : : : :.:.:.:.::.::::::::::::::;|;;:::ヽ
             /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|:ヽ
            ./ | . . ..: .::.: :::::::::: ::::::::::::::::::;::;:;;;;;;|i;;;::ヽ
            /.i‐┴――――――――――'―‐┴―i::ヽ
           ./ |  . . ..: .:: .::: ::::: ::::::::::::::::;::;;::;;;;;;:;;;;;;;;;:|ii;;::ヽ

.