塔について III

レス数:450 サイズ:1183.21 KiB 最終更新日:2021-03-27 09:45:10

46  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 19:55:12 ID:71883176



  「あなたもやはり、私の体が気になるのですね」
  
  女は消え入るような声で私のことを非難した。
  
  私は急に自分のことを卑劣に感じて、言い訳を始めた。
  
  お茶を美味しいと感じてもらえているかどうか気になってそちらの方を見たのだと私は言い張った。
  
  しかし女は私の嘘をただちに見抜いた。 「いいえ、あなたは私の体のことが気になるのです」
  
  私は激昂すると、席を立ち、女のもとまで行ってその手首をつかんだ。




               i             \               /           ` 。
            i              丶          /             `
              i                     } ` ‐----‐´                 \
.             |    ノ                                     ∨
           }   /                                           ∨
          ,. /
            レ
           /
        //
        | !
         | i               ノ
         ハ            /
          ノ ヽ             /
        /.  丶        /
.         i  ‐--‐\       /                              __
       {      \.  /                             . : : : :`: .
        八        `-’、                       . : :: : .-‐‐i
.         \   ` ‐-、  r ヽ                      : : ´    ∨
.           \.    ` - _ノ                     /       。
          \       ¨`丶                   /           。
            \ -──-=-‐三>_、             ノ             ‘
             `‐´< ̄ ̄´ _。<゚´`> _     _ イ                 。
                        ̄<:::>ミミ__   -‐ ¨¨´                   。

.