塔について III

レス数:450 サイズ:1183.21 KiB 最終更新日:2021-03-27 09:45:10

448  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/27(Sat) 13:29:39 ID:c8326cf7



  その壺は今では窓の傍に置いている。
  
  それで毎朝窓を開くときには壺の感触を手で触って確かめている。
  
  中に何を収める訳でもない。
  
  「それはただ容器としてそこに在るだけで充分だったんだ」
  
  私はロザリアの言葉を思い出して一人頷いた。




               r 、                              , ‐ァ
              '. '.,゙ヽ                         , -,' ,'
          、⌒ヽ '. ', ',                           ,' ,'  ; , ¨フ
           '.,  '.,.}  ', ',ヽ                          ,イ ,'   !/  /
             '   ヽ  '., ', ',                     ,' , ,  ,{'  /
             '. { ̄`ヽ、 , ',                     ,' ,' ム'´ ̄} ,'
                  ' .`ヽ、  ヽ、.',                      ,' ,/   / '
                   ' .   ヽ、  `ー- 、             .  ''´   ,  ´ ,′
                 ' .           `ヽ        , ''´     /´`  /
                   ` 、        \    /           , ''´
                      `ヽ、      ヽ  /        , ''´
                          \      '. ,'        , ''´
                          ヽ      ! l      ,/
                        }       |!     {
                        l      | |       !
                        !       | |      l
                            ;        | |        :
                        ;      | |       l
                       ,       | |      ',
                        ,'         | |       ',




To Be Continued.


.