塔について III

レス数:450 サイズ:1183.21 KiB 最終更新日:2021-03-27 09:45:10

44  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 19:55:12 ID:71883176



  私は女の方を見ないようにして中へと招いた。
  
  テーブルにつくことを勧めると、女は素直に席についた。
  
  私は台所に残されていた茶葉と陶器を使ってお茶を淹れると、彼女から顔をそむけたままそれを差し出した。
  
  女が茶をすする音が耳に聞こえてきた。 私は椅子に座り、横を向いたままじっとしていた。
  
  しかし私の脳裏には、女の大きな乳房がつくりだした谷間の光景が目に焼き付いていた。
  
  どうしてだろうか、もう一度それを見てみたいという欲望を私は覚えた。



  .....V        /
.   V        /
  V        /
           .'
  ,′        ∧
 /       / マ
            \
 {       /}      `ヽ L _ .>  ̄~"''~、
 ,        / ,'       ゝ イ         ∨
 i     / .:          _    マ   .∨
  ,            > '"゚~     ゚"''<   ∨
  ,   ,'  }                    < .v
  ∧                           寸 `''<
  ∧                  /: : : : : :ヽ   マ     ` 、
.   ∧      i{          .: : : : : : : : : : :.  マ
.   ∧                { : : :〃⌒ヽ: : ::   ,       \
    ム     、          :: : : 乂.::ツ : : :}   }!        寸
      ム     ⌒>、        ゝ : : : : : : : : ノ   .         V
     ム      \         ` …      ,       /.: :ヽ
       と´⌒ ̄ ̄ >,                ./      .,': : : : : :Y
       /  / ,     .)>。            .イ       : : : : :Y:^ヽ
      /  .イ  /       .≧s。       イ         :: : : : 弋ツ
      } ノ./ ./ /   .イ      ~~~  ゝ、         ゝ: : : ノ
      し ゝ.〈 .イ 、.<⌒ ̄ ̄ >      .⌒>。         ´
          ム¨´            ≧s。 ___。<≧s。 ,.... イ

.