塔について III

レス数:450 サイズ:1183.21 KiB 最終更新日:2021-03-27 09:45:10

423  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/27(Sat) 13:29:39 ID:c8326cf7



  「私を蘇生してくれてありがとう。 私はこれまで数々の勇者に殺されてきた、あらゆる竜の象徴としての竜だ」
  
  象徴?
  
  「つまり、私はあれやこれやの御伽噺、神話に出てきたすべての竜の総和なんだ」
  
  私の腕はどこへ行ったのだろう?
  
  「それはもっとも思いがけない場所にあり、もっとも思いがけない形をしている」
  
  ありがとう、と私がお礼を言うと竜は翼を打って飛び去った。
  
  竜は飛び去る直前にその眼から涙をこぼした。
  
  涙は地面に落ちると青い宝石に変わり、私の眼を楽しませた。



                |               ,-―-、                     i
                i    _∧_        _|  __j |_                    !
           __ _人_ _ ∨   . <  ヘ、__ノ   > .          _ _ / \ _ _
               `Y´   o    . :个 ‐- /     ∨'′   i` : .             \ /
               ! * ゚   /   i     l:::\   /ヘ,     l __ \            i i
                     /⌒ヽ-―¬‐=ニ.._j::ニ=-‐‐-=ニz--‐‐1     i/⌒Y     ┼◇―
                   八   __,\  i::::> ´     !   : ` <,」  /.__   ノ        ! 人
                   ^ ー‐一'__ j '         :   /i/::::. 丶'/,ー‐一彡       `Y´
                 ,'> ´\,'//     、   i: ,  /   ∨/     ',         ∧
                    ;ヘ、   , ′    \  |::/ / ::.:. . .__ '/ヽ  /::        ∨
               i//\ / i      _ ニ=- !'___   -‐ ニ i///,>、::::::i        :
                |/// 丶 | -‐ ニ ̄ __;::イ \::::.:.:..:.. . .   |,/  \::|        ◇
                    k'    ∧   . : : :/ , 、__, ⌒ヽ : : : : . . ,'∧     !         :
                     v> , _/::::::、 / ‐-/ /_j:::::ir‐-、:::\--‐, //ム -‐=7
                V,/// ̄ ̄ト、  7 ;  ヽ::!   ir‐、::/,|     i:::::,′
                 ,ム=-‐―--| > .._    :|    _..<'//| r‐――-、
                    i      /i ̄ ̄∨/フ7'へ'7フ// ̄ ̄ ,-\     }
                   ゝ ___.. <:::::∧   ∨'     ´'v/    / ::::>ヘ ___ノ
             i        `  ハニ=-‐ \   / ‐-=ニ/> '′
          _ _人_ _ ゚ o       ` < __ Y´ ̄`Y __ > ´
           `Y´      ☆ 。           | ⌒i|
            i                    `ー―'


.