塔について III

レス数:450 サイズ:1183.21 KiB 最終更新日:2021-03-27 09:45:10

35  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 19:55:12 ID:71883176



  狭くぬらぬらとした感触の食道を苦労して抜けると、巨大な空洞が私の前に開けた。
  
  そこには井戸があり、一軒の家があり、一人の男が住んでいた。




                    ___________
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::\
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::__::: \
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: :/  \:::::\
             /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::/.       \:::::\
                '―┬――――――――‐.{.         \__|
               |┌┬┐, ―‐ 、 ┌┬┐| ト、 ̄ ̄ ̄\|
                 fニ|├┼┤|    |.├┼┤| |.: \___\
             {‐―|└┴┘|    |.└┴┘| |____|_|二f7
                 |  |―――|    |―――.|――r------≦ニ∨
                 |  |: : : : : : |Ti:i:i:i: |: : : : : : :|: : : : |  ̄ |   |:::}
             `¨¨¨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `¨¨¨¨¨¨¨¨¨´



.