塔について III

レス数:450 サイズ:1183.21 KiB 最終更新日:2021-03-27 09:45:10

320  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/27(Sat) 13:29:39 ID:c8326cf7



  三日後、男が私に決闘を挑んできた。
  
  女を渡す訳にはいかない。 自分が剣の一騎打ちで勝てば我々三人を解放してもらおう。
  
  私がその申し出を聞いて思い出したのは、かつて森の神が一騎打ちによって交代していたという神話である。
  
  私は決闘の申し出を受ける前に、女に確認した。
  
  本当にいいのか、と。
  
  女は静かに頷いた。
  
  彼も私もすでに覚悟はできている。 受けてくれるとありがたい。





                          |                     i
                          ∧               ∧                            I
                           f扞ミ         I        「」                            八
                      」」L」      八      γ^ヽ`ヽ                          匚]
                    γ´/ } `ヽ   「「」 ∧  _f____Y´ |             ∧           /:.:.∧\
                    f竺竺竺竺彡, γ__メ∠\ |.∩ . |∩|            /:.ヘ           | ̄ ̄| ̄|
                      h x=xx=x ∩|_丁x=ミ .| |丁 |_|_| | :|/|─,.ィ^ヽ──ァ─‐/___∧‐。ot───ー‐|  _ | i i|
              ___∧|_|_|__|_|_」L⊥┴i|│ │| |┴ァヘ ̄^|  |/:_|\_,.>'":_:_:_/ー‐'ィ^ト、:.:.:.\:_:_:_:_,癶=ニ二i|_i_i|
   |          /:.:.:.:.:.:.:.:.| _,.。oi()io。.,| / ̄ |┴_┴|'"|:.:.∧ ∧_,,|。o1^\| | |/ ̄ ̄,.。o≦Ⅵ.| | |_,. -' |ニニリ _ -'' ¨ i i| i i|
   八           |¨¨¨¨。o≦≧s。:_ - 丁 ̄ ゙̄|     | |¨/::ヘ ,口_ |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧:.:.:. :.:_l | | |   _|。o1「i.∩.i i i i| i i|
   口           |TTT| ̄ 「」  ̄|  / ̄ ̄¨| ̄_ ̄|¨z/:::::::∧∧\───‐_‐‐。oiヘ丁 ̄i| | |_, ┴_,丁i i i i i i 「| i i i_ - ¨
 /∧ \    _ ,.||-=≦i:i:\_「」__|/:_:_:_:_,,。o≦i:i:\|//__∧∧∧_>r─_∠,癶二ニム|,.。oi| | |- ¨ | | | i i i i i _ ┴ ¨
 _|TiT| ̄| -=≦i:i:i:八i:i:i:ニ=T==========。o≦「| ̄ ̄ ̄,.。o≦\|TT¨¨T|_|=ニ二j 「」=- '゙i i i i i|_| | |「| | | |_,. - ¨
  |TiT|7三三三三三三三三三三三三三三三三三三三:三:三:i|TT¨¨T| ̄|ニ=-イ i∩ i i i i i i i i| | | |」'┘¨
 _|_'_'_|/三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|_'_'_'_'|。o1 i i i i i i i i i i i i i_ ┴ ¨
  |_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i_i| i i i i i i i i 「|_ ' - ¨
  | i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i| i i i ' _ - ¨
  | i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i i|_i 」 - ¨
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

.