塔について III

レス数:450 サイズ:1183.21 KiB 最終更新日:2021-03-27 09:45:10

29  名前:◆NBJATnhEhM[] 投稿日:2021/02/26(Fri) 19:55:12 ID:71883176



  そういう時代にあって、神という務めは楽なものだった。
  
  誰も本物を求めていないからだ。
  
  私は本物じゃなかった。
  
  奇跡も起こせないし、予知夢も見ない。
  
  居場所というものを与えられた仮初めの人形に過ぎない。




   〈   ___|⌒\      }  \       \  /
 __ -‐ァ'⌒¨|\  \    }    )    _____∨{
{  /    \{    \  .ノ  .. -=ニ   |: /:i \
{ /      / i   `ー‐=彡}:  /  i  :|/   \\
 〉 .  <⌒ー'′.ノ  /     / /ト  |   :L.. ___  ∨、
.〈く: : : /    /  /  /}r勿トミ | .ノ / /ヽ.  ニ=‐ァ
 \/´        /   / / V(  〉 ./ /j i  \_/
.   ′    У/{: j/Y  i      {/ (ン/.ノ    }
  {_〉   〈 {   /   | 八__ノ}     ノ \   _,/
 /  /   /  ′   ハ  <        / ,`⌒ (
. {´{ 〈  {   { 、 ′ } i⌒´  ´’ イ /   {〉ハ
  \ `ー八   \ 〉 .∧! __  <./|/∧   {_.ノ
    `⌒¨¨ \   )/ ノ'′: : : : :/ノ /  \ 〉}
    /     `ニ=-<´ ∧〉≧=‐―‐‐'′ /´/
    〉 .           }::i:|   \、__   ゝ{
.   〈  \\       /:/{{⌒ヽ__ }:::| =- .
   /     \\    /:/ \__ノ:::::::...、  ∧
.  /        \\_/:/  }:::::::.\::::::::.\ ∧
  ′       \::/   ′::::::::::.\::::::::.\ー‐ァ
           ∨/  |::::::i::::::::::::::::::::::::::::::.Y、
 i           ∨  ∧::::|:::::::::::::::::::::::::::/ `ー┐
 |            \/ ∧:|:::::::::::::::斗<..}     :i\
 |     . . . . . . . .    ヽ ⌒¨¨ア´ _,   < )       \
 |   . : : : : : : : : : : : : : /     `¨(___ O `¨)     `7ーァ
 |  . : : : : : : : : : : : : : :/        ( ー=   ´\    } _)丶
 | . : : : : : : : : : : :_: :./〉ヽ   \    `¨(__ O=- )    / _)   \
. \ ____   /::::\'’  〉    `     (  ___ }-‐==ニア  \
.   〈::::::::::::\_{::::::::::::::}___/ニ=-        `¨(/}\  ____/`¨ヽ   \